このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の地方創生☆RESASフォーラムin新潟を開催します(定員に達しましたので申込みを締め切りました)
本文はここから

地方創生☆RESASフォーラムin新潟を開催します(定員に達しましたので申込みを締め切りました)

2017年01月11日
 1月11日(水)9:00の時点で申込み者数が定員に達しましたので、本日(1月11日(水))正午をもって、申込みを締め切りました。
 多数の皆様からお申込み頂き、感謝申し上げます。

 RESAS(リーサス)は、内閣官房と経済産業省が平成27年から一般公開している、官民のビッグデータを分析・提示できる「地域経済分析システム」です。RESASを活用することで、自治体職員がデータに基づいた政策を立案し、学生や住民の方が自分の町、地域の状況を分析できるようになります。
 県では、「ビッグデータが創る、新潟とあなたの未来」をテーマに、RESASをさらに知っていただくために、『地方創生☆RESASフォーラムin新潟』を以下により開催することとし、当該イベントへの参加者を募集します。

地方創生☆RESASフォーラムin新潟

1 日時  平成29年1月22日(日)13:00~16:00(開場12:30)

2 会場  ANAクラウンプラザホテル新潟 飛翔(新潟市中央区万代5-11-20)

3 参加費 無料

4 定員  300名

5 プログラム
(1)RESASの現状と今後
   講師:内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 ビッグデータチームチーム長代理 森 大輔 氏
(2)RESASによる分析事例発表
   県立新潟商業高等学校、新潟大学、新潟県立大学、敬和学園大学
(3)基調講演
   テーマ:地方から創生する日本の未来
   講師:経済アナリスト 獨協大学教授 森永 卓郎 氏
(4)パネルディスカッション
   テーマ:ビッグデータで、新潟の未来を変えられるか?
  パネラー
   燕市長 鈴木 力 氏
   日本商工会議所青年部副会長 富永 哲臣 氏
   株式会社リクルートホールディングスR&D本部Recruit Institute of Technology推進室長 石山 洸 氏
   妙高観光推進協議会戦略コーディネーター 塚田 卓弥 氏
   株式会社第四銀行コンサルティング推進部地方創生推進担当部長 石塚 純 氏
  モデレーター
   内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 ビッグデータチームチーム長代理 森 大輔 氏

   ※詳細は「地方創生☆RESASフォーラムin新潟」のチラシ(下記リンク)を御参照願います。

6 お申込み方法
  以下の申込特別サイトから必要事項を記入の上、お申し込み下さい(申込期限:1月17日(火)正午 ※応募多数の場合は先着順)。
  

7 主催  新潟県(事務局は株式会社新潟放送(BSN))

8 お問い合わせ先
  地方創生☆RESASフォーラムin新潟 事務局
  電話番号 025-230-1512(株式会社BSN営業推進部内・平日9:30~17:30)
報道資料はこちらです(PDF形式  89 キロバイト)
フォーラムのチラシはこちらです(PDF形式  3521 キロバイト)
RESAS普及促進事業の概要(PDF形式  305 キロバイト)

RESAS:リーサスとは

 内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)と経済産業省が、平成27年4月から一般公開している「地域経済分析システム」のことで、地域の現状や課題、強みや弱みについて、産業構造や人口動態、企業間取引、人の流れなど、官民のビッグデータを集約し、グラフやマップなどで分かりやすく「見える化」(可視化)できる点が特徴。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする