このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【十日町】津南小学校に「川に関する出前講座」に行ってきました。
本文はここから

【十日町】津南小学校に「川に関する出前講座」に行ってきました。

2017年12月11日
12月6日(水)に津南小学校に「川に関する出前講座」に行ってきました。

津南小学校では、学校の近くを流れる中津川を題材に水の流れる力について学んでいます。

この日は、「中津川で過去に起きた災害はどこでおきたのか?」という問いに対して、中津川を管理する十日町地域整備部の職員が出前講座をしました。

津南小学校5年生47名の皆さんに出前講座を行いました。

津南小学校の生徒のみなさんの学習内容

生徒の皆さんは、過去の新聞記事を読んだり、実験をしたり、実際に中津川を見に行くことを通じて興味を持ちながら水の流れる力について学んできました。

出前講座では、「中津川で過去に起きた災害はどこでおきたのか?」という問いに対して、中津川の特長や水の流れる力のはたらきをキーワードに災害がおきた場所の答え合わせをしました。

しん食、運ぱん、たい積を学ぶ実験

さて、どこで災害がおきたのでしょうか?

護岸がなぜ壊れたか?というクイズにほとんどの生徒のみなさんが正解しました。さすがです!

説明を聞きながら熱心にメモとっている姿がとても印象的でした。

出前講座を終えて

津南小学校では身近にある自然を題材に学習を行っており、5年生で水の流れについて学び、6年生になると河岸段丘など大地の成り立ちについても学んでいくとのことです。

今回の出前講座が生徒のみなさんの今後に学習に役立ってもらえるとうれしいです。