このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【十日町】花き
本文はここから

【十日町】花き

2014年08月05日

ユリ切花

十日町地域のユリ切り花は、津南町及び十日町市の二つの産地で生産されています。両産地とも品質の高いユリ切り花を生産しています。津南町ユリ切り花組合は「雪美人」、JA十日町切り花部会は「雪華美」というブランドで出荷し、市場から高い評価を得ています。
定植後のユリ
成長中のユリ

定植後のユリ

成長中のユリ

収穫前のユリ
オリエンタルユリ「カサブランカ」

収穫前のユリ

オリエンタルユリ「カサブランカ」

ユリ球根

 十日町地域では、ユリの球根を1年間自家養成して、ボリュームのある切り花生産を実現しています。球根は、秋に掘り上げた後、翌春から夏の植付まで低温で保管されます。当センターでは、球根の状態を経時的に調査し、生産者に情報提供しています。

宿根草切花

 津南町を中心に、シャクヤク、オミナエシ、ナルコラン(フイリアマドコロ)、リアトリスなどの宿根草の切り花生産が盛んです。夏の比較的冷涼な気候とほ場ごとの標高差を利用し、出荷期間を長くする体制が取られています。
シャクヤク
オミナエシ

シャクヤク

オミナエシ

ナルコラン(フイリアマドコロ)
リアトリス

ナルコラン(フイリアマドコロ)

リアトリス