このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の「ごっつぉだ農!」 ~妻有地域の農作物の紹介 ~
本文はここから

「ごっつぉだ農!」 ~妻有地域の農作物の紹介 ~

2016年07月01日
 十日町地域振興局では、新潟県十日町市のコミュニティFM局 エフエムとおかまち(78.3MHz)の番組「ごっつぉだ農!」で、妻有地域の「食」情報を発信しています。
 毎週火曜日の12時30分から5分間、妻有地域(十日町市及び津南町)で作られる農作物等を1つ取り上げ、生産者の方が生出演して農作物の特徴やおいしい食べ方等を紹介しています。
 番組の様子は、エフエムとおかまちのFacebookで紹介していますので、こちらもご覧ください。

いちじく(平成28年10月4日放送)

 懐かしい感じがする果物‘いちじく’。桝井ドーフィンという県内で最もポピュラーな品種を栽培しています。1本の樹にたくさんの実を付けますが、軟らかくなった実を、下から順に早朝収穫します。そんな新鮮ないちじくは、収穫したその日に食べるのがお勧め!これ以外にドライいちじくもあります。ケーキの材料やお酒のつまみとして、こちらもお勧めです!
 「ベジ-パーク」や「じろばた」で御購入いただけます。

ぎんなん(平成28年10月11日放送)

お寺の庭に植わっているイメージが強いぎんなんは、雪の多い十日町でも栽培しやすい品目です。とは言っても平成18年の大雪ではかなり被害が出ました。
 食べ方として塩焼きや茶碗蒸しが一般的ですが、煮物や天ぷらでも美味しく食べれます。これからの寒い季節は、体が温まりますよ。
直売所やスーパーで売られています。みなさん、是非一度お召し上がり下さい。

ブロッコリー(平成28年10月18日放送)

 緑黄色野菜の代名詞のブロッコリー、食卓に欠かせない野菜の一つですが、十日町で本格的に栽培を始めて2年目の品目です。ビタミンやミネラルを豊富に含み、美容や健康に良いとされますが、最近ではブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」という成分の肝機能改善や抗酸化作用が注目されています。
 直売所やスーパーで御購入いただけます。たくさんお召し上がり下さい。

雪ムロ野菜(平成28年10月25日放送)

最近注目されている雪ムロ野菜ですが、雪ムロ貯蔵の効果は野菜によって異なります。例えば、ニンジンはうまみ成分が大きく増え、馬鈴薯は糖度が上がります。そして、天然の雪を活用するため省エネになり、更に冷蔵庫以上に野菜の長期保存が可能です。
津南町の㈲大地の直売所でお求めいただけます。どうぞ、お召し上がり下さい。