このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【十日町】節季市に行ってきました
本文はここから

【十日町】節季市に行ってきました

2018年01月11日
毎年1月に十日町市の諏訪町通りで開催されている節季市の様子をご紹介します。
冬の風物詩「節季市」は別名「チンコロ市」とも呼ばれ大変人気の催しです。元々は農家の方々が冬の間の副業としてワラなどで作った生活用品や民芸品などの販売が始まりとのことです。
中でもしんこ(米の粉)を使って作った小さな人形細工が大変人気で午前中にには概ね売り切れてしまいます。
おおくのひとがならんでいる
ひとがごったがえしている

すでに多くの人が並んでいます。

大変な人気です。

こどもたちもうれしそうにしている
ちゃいろのいぬのちんころ

子どもたちも嬉しそう

犬のチンコロです。この色は見たことがありませんでした。

ちんころざぶとん
いろいろなしゅるいがありまよう

チンコロ座布団もありました。

色々あってどれを選ぶか悩みます。

おぼんにのせたちんころ
あみがさんなどわらざいくのはんばい
ゆきわりそうなどやそうはんばい

編笠などもありました。

野草などもありました。

節季市は、毎年1月の10日・15日・20日・25日の午前9時から夕方の4時頃まで開催され品物が売り切れ次第終了しますので、お早めに!!
チンコロは干支を模ったものが特に人気で、チンコロ自体が子犬を表すという説もあるそうです。今年は戌年なので特によく売れている様子でした。
TVなどの取材も見受けられて人気の程がうかがえました。皆さんもかわいいいチンコロをGETしてみてはいかがですか?

会場など詳しくは「十日町市観光協会」のHPをご確認下さい。