このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【十日町】県民だより 地域版「妻有の郷(つまりのさと)」
本文はここから

【十日町】県民だより 地域版「妻有の郷(つまりのさと)」

2019年04月22日
新潟県が県内全世帯にお配りしている広報紙「県民だより」の第4面は、各地域振興局が編集する地域版です。
(十日町市と津南町のご家庭には、市・町の広報紙と一緒にお届けします。)

このページからもPDFファイルをダウンロードしてお読みいただけるほか、十日町地域振興局本庁舎(十日町市妻有町西2-1)のロビーには県内全12地域版の「県民だより」を備えておりますので、ぜひご覧ください。

全県版や過去に発行された県民だよりをご覧になりたい場合は、下記リンクよりご覧ください。

平成31年度 春号

妻有の郷 春号:「安全に安心して暮らせる地域づくり」に取り組んでいます。(PDF形式  1606 キロバイト)

平成31年4月21日発行

【特集】「安全に安心して暮らせる地域づくり」に取り組んでいます。

●国道403号 道路改築事業(十日町市小白倉)
 国道403号は十日町地域と長岡地域を結ぶ基幹道路です。現在は道幅が狭く、急カーブも多いため、車のすれ違いが困難なところがあり、冬期は雪崩の危険もあることから、通行の難所となっていました。
 このためバイパス工事を行うことで円滑な交通の確保と地域間交流の促進を図っています。

●一級河川 みだれ川 河川改修事業 (十日町市四日町新田)
 一級河川みだれ川では、住宅地を流れる区間でたびたび浸水被害が発生していました。
 このため、平成23年度から川幅を広げ河床を下げて川の断面を拡大することにより、多くの水を安全に流せるように河川改修に取り組んでいます。

●国道405号 雪崩対策事業 (津南町清水川原)
 国道405号は長野県栄村と津南町にかかる秋山郷にとって生命線となる道路す。特に津南町前倉から見玉までの約11kmは、雪崩発生の危険性が高い区間です。
 このため、冬期の安全確保を図るための雪崩対策施設の整備を進めています。

【地域からのお知らせ】
 ○雪解け時期の土砂崩れ・雪崩にご注意ください。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする