このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【十日町】大地の芸術祭で、作品「実の音」を制作される渡辺泰幸さんが水沢保育園で、地元の子供たちと交流をしました。
本文はここから

【十日町】大地の芸術祭で、作品「実の音」を制作される渡辺泰幸さんが水沢保育園で、地元の子供たちと交流をしました。

2015年07月14日

 
 
7月10日(金)、作家の渡辺泰幸さんが、2003年から交流のある土市(どいち)地区、水沢保育園で風鈴を作成する会を行いました。
(写真は、保育園児のおじいちゃん、おばあちゃんに事前に素焼きの風鈴の着色の仕方を説明しています。)

 
 
年長さんは、風鈴の笠にアクリル絵の具で色を塗っていきます!

 
 
紙のパレットにアクリル絵の具を出し、気に入った色を絵筆で絵を描き着色します。

 
 
平らな紙へのお絵描きとちがい、これが以外とむずかしい!

 
 
きれいに描けました。

 
 
年中さん以下の保育園児は、マジックで風鈴の笠に絵を描いていきます。

 
 
絵を描いた風鈴に紐を通していきます。

 
 
おじいちゃん、おばあちゃん、先生たちの協力のもと風鈴が完成!

 
 
お試しに鳴らしてみる子供たちも!?

 
 
できあがった風鈴は、水沢保育園の庭に飾られました。

 
 
風が通るとチリンチリンときれいな高い音色が響きます。
素敵な風情です!!

(おおた&やま記)