このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の【十日町】妙法育成牧場でお預かりしている乳牛の放牧が始まりました!
本文はここから

【十日町】妙法育成牧場でお預かりしている乳牛の放牧が始まりました!

2015年05月27日

 初夏の様な気候の中5月26日(火)、妙法育成牧場の草地(放牧地と採草地の総面積は173㏊、東京ドーム約37個分あります)で131頭の乳牛の放牧が始まりました。

妙法育成牧場の全景

 牛舎で放牧を待っている牛たち(乳牛-主にホルスタイン種)

牛舎内

 牛舎から乳牛が出て来ました。
この牛を歩かせて上部の放牧地へ連れて行きます。

牛舎を出たところ

 今日、上部に連れて行く乳牛は妊娠群、繁殖群の計110頭とのこと。
広い平原をたまには、草を食みながら、ゆっくり歩いて行きます。

広大な牧草地、気分ものんびりして来ます

 今日放牧されたこの牛達は、11月上旬まで牛舎に戻りません。
1~2日おきに、牧草地の牧区のエリアを変え、移動し、大きくなって行きます。

新緑の牧草を食んでいます

 牛は暑さに弱いことから、主に9ヶ月程度(約260Kg)の成育で農家から預けられ、この蒸し暑くないカラッとした気候の妙法育成牧場で23ヶ月令程度(約555kg)まで過ごします。(冬は牛舎で過ごします)

 広い草原にはなされ、のんびり気持ち良さそうです。

木かげで、休んでいます

(やま記)