このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【十日町】エフエムとおかまち「地域振興局情報」
本文はここから

【十日町】エフエムとおかまち「地域振興局情報」

2017年11月15日
十日町地域振興局では、コミュニティFM放送局「エフエムとおかまち」78.3メガヘルツで、毎週水曜日の朝7時40分から「十日町地域振興局情報」を発信しています。
ここでは、今週・前回・前々回の放送内容をご紹介しています。
えふえむとおかまち

今週の放送(2017年11月15日)

新潟県十日町地域振興局 健康福祉部から「クマの出没に注意」のお知らせです。

秋の行楽シーズンを迎えていますが、今年も県内各地で多くのクマ目撃情報が寄せられています。また、人身事故も発生しています。

山に入る際、次の点に注意して、クマ被害に遭わないよう気をつけましょう。

1 クマ出没情報に注意する
2 糞や足跡などサインに気をつける
3 鈴やラジオを携帯して音などでクマに自分の存在を知らせる
4 クマが活発に活動する早朝、夕方の時間帯や見通しの悪い場所、霧の濃い日等は特に注意する
5 食べ物、ゴミなどクマのエサになるものは放置しない

詳しいことは、十日町地域振興局 健康福祉部
電話025-757-2707まで、お問い合わせください。

十日町地域振興局 地域整備部からお知らせです。

上越魚沼地域快速道路のうち、八箇インターチェンジから野田インターチェンジの間が11月25日に開通します。

八箇峠道路の開通にあわせて現在の国道253号の八箇インターチェンジから南魚沼市ムイカスノーリゾート入口交差点の区間が冬期通行止となります。

また、新しく開通する「八箇峠道路」は自動車専用道路であるため、歩行者、自転車、125cc以下の二輪車は通行できませんので、後山トンネル、大沢山トンネルに迂回をお願いします。

「八箇峠道路」の一部開通に伴う道路交通に関するお問い合わせは、十日町地域整備部 維持管理課(TEL 025-757-5203)までお願いします。

前回の放送(2017年11月8日)

十日町地域振興局 健康福祉部から講演会のお知らせです。

新潟県では自殺により毎年500人に及ぶ尊い命が失われています。

自殺に至る原因は複雑です。「家庭の問題」や「経済問題」など様々な問題が考えられますが、大切な“いのち”を守るために、「生きる力」について考えてみませんか。

このたび曹洞宗の僧侶、宇野全智(ぜんち)氏を講師にお迎えして、「生きる力について考える~禅の教えから伝えたいこと」という内容で講演会を開きます。

日時は11月30日木曜日、午後1時30分から3時30分。
会場は千手中央コミュニティセンターです。
入場無料、定員100名で事前のお申し込みが必要です。

参加をご希望の方は
十日町地域振興局健康福祉部 地域保健課
電話番号 025-757-2402 までお問い合わせください。

南魚沼健康福祉環境部から、お知らせします。

11月14日、火曜日、津南町役場を会場として行われる献血に併せて、骨髄バンクドナー登録会を開催します。受付は午後1時45分から3時30分までです。 
骨髄移植や末梢血幹細胞移植には、多くの方のドナー登録が必要とされています。

骨髄バンクのドナー登録ができるのは、次の要件を全て満たしていて、かつ当日、医師の検診によってドナー登録が可能と判断された方です。
・年齢が18歳以上54歳以下で健康な方。
・体重が男性45キログラム以上、女性40キログラム以上の方。
・骨髄や末梢血幹細胞提供の内容を十分に理解されている方。

お問合せは南魚沼健康福祉環境部医薬予防課 電話 025-772-8142までお願いします。

前々回の放送(2017年11月1日)

新潟県十日町地域振興局 健康福祉部から「クマの出没に注意」のお知らせです。

秋の行楽シーズンを迎えていますが、今年も県内各地で多くのクマ目撃情報が寄せられています。また、人身事故も発生しています。

山に入る際、次の点に注意して、クマ被害に遭わないよう気をつけましょう。

1 クマ出没情報に注意する
2 糞や足跡などサインに気をつける
3 鈴やラジオを携帯して音などでクマに自分の存在を知らせる
4 クマが活発に活動する早朝、夕方の時間帯や見通しの悪い場所、霧の濃い日等は特に注意する
5 食べ物、ゴミなどクマのエサになるものは放置しない

詳しいことは、十日町地域振興局 健康福祉部
電話025-757-2707まで、お問い合わせください。


南魚沼健康福祉環境部からお知らせします。

11月は児童虐待防止推進月間です。

子どもの育て方やしつけに悩んでいませんか?
ついカーッとなって手を挙げたり、大声で怒鳴ってしまい、後悔するようなことはありませんか?
そんなときは悩みを相談してみましょう。児童相談所にはあなたに寄り添い、一緒に解決を探る専門スタッフがいます。

また、近所で子どもの泣き声と親の怒鳴り声が続いていて心配だけど自分では確かめられないような時、あなたからの連絡で子どもも親も救われることがあります。
あなたが心配していることは「子どもや親からのSOS」かもしれません。
その親子に、いちはやく手を差しのべるために全国共通ダイヤル189番、イチハヤクへお電話ください。