このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【十日町】エフエムとおかまち「地域振興局情報」
本文はここから

【十日町】エフエムとおかまち「地域振興局情報」

2017年09月20日
十日町地域振興局では、コミュニティFM放送局「エフエムとおかまち」78.3メガヘルツで、毎週水曜日の朝7時40分から「十日町地域振興局情報」を発信しています。
ここでは、今週・前回・前々回の放送内容をご紹介しています。
えふえむとおかまち

今週の放送(2017年9月20日)

南魚沼健康福祉環境部から、献血併行型骨髄バンクドナー登録会についてお知らせします。

十日町市川西地区の千手コミュニティセンターを会場として開催します。日時は10月6日、金曜日、受付は午後2時から3時30分までです。
骨髄移植や末梢血幹細胞移植には、多くの方のドナー登録が必要とされています。

骨髄バンクのドナー登録ができるのは、次の要件を全て満たしていて、かつ当日、医師の検診によってドナー登録が可能と判断された方です。

・年齢が18歳以上54歳以下で健康な方。
・体重が男性45キログラム以上、女性40キログラム以上の方。
・骨髄や末梢血幹細胞提供の内容を十分に理解されている方。

献血カードをお持ちの方は、当日ご持参ください。

お問合せは南魚沼健康福祉環境部医薬予防課 
電話 025-772-8142までお願いします。

南魚沼農業振興部からお知らせします。

家を建てたい方、家を直したいとお考えの方に朗報です。
県では、県産材を使用した住宅の建設を支援しています。
これは、住宅の新築、増改築、リフォームをする場合、越後杉ブランド認証材を一定量以上使用することで、10万円から40万円の補助金が交付されるものです。
また、Uターン者や35歳未満、新たに農林水産業に従事される方、あるいは県産瓦や県産畳、しっくい塗りを使用した場合には、さらに最大59万円の補助金が加算され、合わせると最高99万円もの補助金が受けられます。
平成29年度の十日町市内での申込状況は、8月末時点で23件となっております。
申込受付は先着順で、予算額に達した時点で募集終了となりますので、お早めにお申し込みください。

お問い合わせは、新潟県南魚沼地域振興局 農林振興部 林業振興課
電話番号025-772-8262 までお願いします。

品質・性能が確かな地元木材の越後杉の家で環境にやさしい暮らしはいかがですか。

前回の放送(2017年9月13日)

十日町地域振興局 農業振興部からお知らせします。

平坦地では、コシヒカリの刈り取り適期に入ります。
山間地や台地でも9月21日頃から刈り取りの適期を迎えるところがあります。ほ場ごとに籾の色を確認して、刈り遅れにならないように注意しましょう。
刈り遅れた場合は、乾燥機の送風温度を低めに設定し、胴割米の発生を防ぎましょう。
また、コンバインやトラクターなどの事故防止に努めましょう。

詳しくは、十日町地域振興局 農業普及指導センター
電話番号025-757-5516 作物担当までお問い合わせください。

十日町地域振興局 健康福祉部から「自殺対策推進月間」についてお知らせします。

新潟県では、自殺により毎年500人以上の尊い命が失われています。 
自殺に至る原因は、複雑ですが、中でも「心の健康」問題が大きく影響すると言われています。特に、「うつ病」の影響は大きいと言われています。

皆さんの周りに、「眠れない」「やる気が起きない」「食欲がない」と話している方はおられませんか。
こうした訴えは、もしかしたら「うつ病」の症状かもしれません。
十日町地域振興局 健康福祉部では、自殺予防のための取り組みとして、専門医師による相談会や精神保健福祉相談員が、電話や面接による相談に応じています。
相談員への直通電話番号は、十日町地域振興局 健康福祉部 
025-757-2402 です。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

前々回の放送(2017年9月6日)

十日町地域振興局 農業振興部からお知らせします。

平坦地ではすでに新潟次郎・五百万石・こしいぶき・こがねもちは刈り取りの適期を迎えています。
刈り遅れによる胴割れ米を発生させないように、刈り取り適期を確認し、すみやかに刈り取りましょう。

また、刈り遅れた場合は、乾燥機の送風温度を低めに設定し、胴割れ米の発生を防ぎましょう。


詳しくは、十日町地域振興局 農業普及指導センター
電話番号025-757-5516 作物担当までお問い合わせください。

十日町地域振興局 健康福祉部からお知らせします。

9月は健康増進普及月間です。

「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ」をスローガンに、全国で生活習慣改善の推進に取り組んでいます。

中でも働き盛り世代のみなさんは、野菜不足の方が多いので、野菜料理を今より1皿プラスすることを心がけてみてはいかがでしょうか。
いつまでも元気で心豊かな暮らしを送るためには、運動・食事・たばこなど生活習慣の改善が重要です。皆さんひとりひとりで、生活習慣病を予防しましょう。

また、県内でも特に十日町地域は食塩摂取量が多いので、塩漬けの魚や漬け物、めん類の食べ過ぎには気をつけましょう。