このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県立病院の中の【十日町】「病院を応援し隊」からお弁当の差し入れと、研修医、医学生との交流会を行いました
本文はここから

【十日町】「病院を応援し隊」からお弁当の差し入れと、研修医、医学生との交流会を行いました

2016年07月14日

妻有地域で活動する「地域医療・地域ケアを支え隊」のうち、「病院を応援し隊」では、県立十日町病院に勤務するお医者さんに、地域の季節のお弁当を差し入れしています。
地域でよく作るおかずをおすそわけ感覚で食べてもらい、若いお医者さんや遠方から来ているお医者さんに、この地域を更に好きになってもらいたいと思い取り組んでいます。

「病院を応援し隊」メンバー集合写真

今回は、県立十日町病院に来ている研修医、医学生さんと交流会の時間を持ちました。

研修医、医学生さんとの集合写真

今回(夏)のお弁当差し入れ

日時:平成28年7月13日(水) お昼
メニュー:枝豆ごはん、酢鶏、モロッコ豆のごま合え、キュウリのカラシ漬け、デザート

調理作業の様子

調理作業の写真

隊員の調理の手際はお見事です。
お弁当の差し入れを始めてから数年が経過し、隊員も暗黙のうちに役割分担され動きに無駄がありません。流石です。

メイン料理が出来上がり

酢鶏の完成写真

はい、出来ました。今回のメイン料理の「酢鶏」です。
酢豚ではなく、酢鶏ですね。どんなお味なのでしょうか?
きっと、酢豚のソースと鶏から揚げをミックスしたような感じでしょうか?
間違いなくおいしそうです。

盛りつけ作業

盛りつけ作業の写真

さあ、始まりました、盛りつけ作業です。
速っ!すごい作業スピードす。

盛りつけ後のお弁当の中身写真

盛りつけ完了です。
見た目も鮮やか、食欲を誘います。

かけがみを掛けた後の写真

手作りの掛け紙を掛けました。
夏らしいですね。

十日町病院へ到着です

十日町病院の医局の新しいお部屋へお届けしました。

十日町病院での様子の画像

研修医、医学生さんとの交流タイム

研修医、医学生との交流の写真

今回は、十日町病院で研修中の研修医と医学生さんが「病院応援し隊」の調理現場まで来てくれました。
隊員と一緒に、お弁当を食べながら交流会を行いました。
交流会に来てくださった方は、研修医の川井先生、新潟大学の医学生(6年生)の寺本さんと後藤さんの3名でした。
3名とも明るく好青年で、おまけにイケメンでした。そのせいか女性隊員のテンションが若干高めとなり会話も弾みました。

研修医、医学生との交流の写真

研修医の川井先生が、「いろいろな病院を見てきたが、十日町病院が一番良い、来年も十日町病院で働きたい。」と発言されると、隊員から拍手が起こりました。
医学生の寺本さんは、東京都出身、後藤さんは名古屋市出身で、将来は大病院志向ではなく地域密着型の病院勤務を希望されているとのことで、十日町地域のことも大変気に入っているとのことでした。

研修医、医学生との交流の写真

将来、この3名が十日町地域に勤務される姿を勝手に想像してしまいました。(こうした取組を通じて十日町地域に一層愛着を持っていただけることを期待しています。)