このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中のとうがらし類 <にいがたの伝統野菜>
本文はここから

とうがらし類 <にいがたの伝統野菜>

2018年12月18日

かぐらなんばん、おにごしょう

<生産地>  長岡市、魚沼地域、上越市、小千谷市 他

<特徴等>  「とうがらし」の仲間で、「からみ」のある野菜です。果実は、丸型に近いもの、ピーマン型、
          ししとう型があり、熟度が進むにつれて、緑色から赤色になります。緑、赤とも出荷されており、
          どちらも「からみ」を楽しめます。特に種とその周辺がからいです。素揚げや味噌焼き、醤油漬、
          味噌漬けなどで食べられています。

<来歴等>  かなり古い時代から栽培されていたといわれています。

<料理例>  なんばん味噌
          【材料】かぐらなんばん、味噌、みりん、酒、醤油、砂糖
          【作り方】①緑色のカグラナンバンを細かく刻む
                ② ①と調味料を合わせ、鍋で炒る

<その他>  ・長岡や魚沼地域では「かぐらなんばん」、上越地域では「おにごしょう」と呼ばれています。
          ・「上越野菜」振興協議会の「上越野菜」に認定されています。(名称:「オニゴショウ」)

 なす | 菜類 | うり類 | 食用菊 | えだまめ | かぶ | さといも | にんじん | 伝統野菜トップへ