このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の食用菊 <にいがたの伝統野菜>
本文はここから

食用菊 <にいがたの伝統野菜>

2017年10月01日

かきのもと

<生産地>  下越地域 他

<特徴等>  「おひたし」、「酢の物」など、ローカルな食生活に密着した野菜になっています。桃紫色の花弁は
          シャキシャキと歯切れがよく、適度なヌメリがあります。

<来歴等>  ルーツは不明です。呼び名も、農家の垣根の下辺に栽培されていたからとか諸説あります。

<料理例>  「かきのもと」と「なめこ」の酢の物
          【材料】「かきのもと」:100g、「なめこ(缶詰):大さじ3、酢:大さじ3、砂糖:大さじ2、薄口しょうゆ:
               小さじ1/2
          【作り方】①「かきのもと」の花びらを取り、よく洗う
                 ②酢を少量入れた沸騰したお湯で、「かきのもと」を短時間でゆでる
                 ③ゆでた「かきのもと」を水で冷やした後、水切りをする
                 ④「なめこ」を缶から出して水洗いし、ざるで汁気を切る
                 ⑤調味料で味付けをする

<その他>  新潟市の「食と花の銘産品」に指定されています。

仙人菊

<生産地>  柏崎市

<特徴等>  白色の花弁は、香りが強く、シャキシャキとした歯ごたえで、甘みがあります。つぼみは
          黄色ですが、開花が進むにつれて、外側の花びらが白くなっていきます。「おひたし」、
          「酢の物」はもちろん、「天ぷら」などでも食べられています。

<来歴等>  柏崎市の西之入地区で昔から栽培されていました。

<その他>  柏崎市の「柏崎野菜」に認定されています。

 なす | 菜類 | うり類 | えだまめ | かぶ | さといも | にんじん | とうがらし類 | 伝統野菜トップへ