このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の新潟米コシヒカリの平面広告と動画を掲載しています!
本文はここから

新潟米コシヒカリの平面広告と動画を掲載しています!

2017年09月29日
平成29年度新潟米宣伝事業で製作した平面広告及び動画を掲載しています!

この平面広告・動画では、新潟の美しい四季折々の自然風景や、広大な越後平野の田園風景といった、新潟米コシヒカリの産地のイメージを伝えています。
(一部に、写真家天野尚氏の作品を使用しています。)

なお、この広告・動画は、10月1日~15日までの間、東京メトロ銀座線及び丸ノ内線の車両でも掲示・放映されています。(こちらの情報は、県農林水産部facebookでも配信中です。)


雪を見て考えるのは、その年のお米のこと。新潟の米づくりは冬から始まっています。
春、新潟の田んぼは、山の雪解け水でいっぱいになります。
桜が散ると、田植えの季節。今年も頑張れ、と言ってくれてるみたいです。
お米づくりには、湿気は多くても少なくてもダメ。山間から吹く風は、天然のエアコンです。
コシヒカリは手間のかかるお米です。手間をかけるほどおいしくなるんだ、と父が笑います。
日本一の大河は、長い時間をかけて栄養たっぷりの大地をつくりました。
きれいに、きれいに、手入れされた棚田は、お米の愛があらわれています。
日本一お米が穫れるということは、日本一お米づくりにむいている場所なのかもしれません。
お米の味にうるさい新潟の人は、自分がつくるお米の味にもうるさいのです。