このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の新潟県の学校給食における米粉の取組について
本文はここから

新潟県の学校給食における米粉の取組について

2018年04月18日

学校給食における米粉パン・米粉めんの導入支援について

 新潟県では、米粉を使った学校給食を提供することにより、児童生徒に米粉に慣れ親しんでもらい、にいがた発「R10プロジェクト」の一層の推進を図るため、学校給食での米粉パン・米粉めん導入に係る経費の一部を支援しています。

 この支援事業は、平成15年度に米粉パンで開始し、平成22年度には米粉めんでも開始されました。継続的に取り組んだことにより、新潟県の学校給食では米粉パンや米粉めんを取り入れる学校も増え、おいしい米粉パンや米粉めんが供給されるようになりました。

事業主体 公益財団法人 新潟県学校給食会
補助対象経費 パン・麺における米粉製品と小麦粉製品の差額
補助率 米粉パン 年間10回以上 1/3
米粉パン 年間7回以上~10回未満 1/4
米粉めん 1/4
平成30年度 学校給食米粉パン・米粉めん供給事業の概要
※米粉パンでは、学校ごとの米粉パン提供回数に応じて補助率を変更しています。
※米粉めんでは、提供回数に関わらず定率で補助しています。
※新潟県農業協同組合中央会も同様の補助を行っています。

米粉パン・米粉めんの品質向上の取組について

 新潟県では米粉パン等の導入補助に加えて、品質向上に向けた取組にも力を入れています。
 平成29年度には、(公財)新潟県学校給食会、新潟県パン協同組合及び新潟県学校給食麺協同組合と連携し、以下の取組を実施しました。

■学校給食用米粉パン技術講習会
 学校給食用米粉パンの品質向上を図るため、米粉パン製造委託工場の製造技術者を対象とした技術講習会を開催しました。
 美味しい米粉パン製造のための実技講習及び「最近の米粉パン研究開発の動向について」の講義が行われました。

■学校給食用米粉パン品質審査会
 学校給食用米粉パンの品質向上を図るため、パン委託加工工場が製造した米粉パンの外観、内相、食味について審査を行いました。
 審査結果については、A(優良)、B(良好)判定工場数は21工場中17工場でした。
 審査の結果、指導の必要があると判断されたC(要努力)、D(要改善)判定の4工場には、新潟県パン協同組合から個別技術指導を行っていただきました。

■学校給食用米粉めん品質評価会議
 学校給食用米粉めんの品質確認及び一層の品質向上を図るため、めん委託加工工場が製造した米粉めんの外観、内相、食味の評価を行いました。
 評価結果については、全工場がA評価(優良)と、高い評価を得ることができました。
米粉パン技術講習会の様子

米粉パン品質審査会の様子

米粉パン技術講習会の様子