このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の全国シェアNo.1 新潟県の米粉用米生産量
本文はここから

全国シェアNo.1 新潟県の米粉用米生産量

2016年02月25日
 全国での米粉用米生産量の推移を見ると、平成23年には約4万トンまで増加したものの、平成24年から減少に転じ、平成26年には約1万8千トンに減少しました。その後、平成27年には2万3千トンまで回復し、平成29年には2万8千トンまで達しています。
 新潟県においても全国と同様に推移しています。平成25~26年の生産量の減少は、政府備蓄用米への生産誘導や製粉企業における平成24年までの在庫等の影響だと考えられ、平成27年には、在庫調整の落ち着きや実需者における安定した需要などにより生産量が約1万トンまで回復し、平成29年は1万3千トンの生産量となっています。

 新潟県の米粉用米生産量については、常に全国シェアトップを維持し、平成29年には全国シェア47.0%となっています。このように新潟県は、全国の中でも米粉先進県として、高品質な米粉を安定的に供給できる環境が整っています。