このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の食品研究センターで米粉分析の受付を開始します
本文はここから

食品研究センターで米粉分析の受付を開始します

2012年07月25日
 米粉の需要拡大に向け、県が策定した「新規用途米粉の用途別推奨指標」の製粉企業等への導入を促進するため、県産米粉の粒度、澱粉損傷度、水分含有率、アミロース含有率を食品研究センターにおいて分析し、分析結果書を発行します。

分析対象とする米粉

 分析の対象とする米粉は、「うるち米」を原材料にしたもので、パン、めん、ケーキなどいわゆる「新規用途」に使うことを目的に新潟県内で製粉された米粉です。

分析を申請できる企業等

新規用途米粉の分析を申請できる企業は、米粉の製造を行う下記の企業等です。
(1)県内の企業、農業法人
(2)県内に製粉工場を持つ企業、農業法人
(3)その他食品研究センター長が「用途別推奨指標」の導入促進に有効と認める県内の者

結果書に記載する分析項目

 新規用途米粉分析結果書に記載する分析項目は「用途別推奨指標」で示す下記の4項目です。
(1)粒度
  ロータップ式篩振とう機によりステンレス製試験用篩(目開き寸法75μm、200メッシュ相当)を用いて測定
(2)澱粉損傷度
  デンプン損傷度測定キット(メガザイム社)により測定
(3)水分含有率
  常圧135℃・2時間乾燥法により測定
(4)アミロース含有率
フリアーノのヨウ素呈色法により測定

申請方法等

 米粉の分析を希望する企業等は、分析実施月である、6月、9月、12月又は3月のいずれかの月の前月末までに「新潟県新規用途米粉分析結果書発行申請書」を食品研究センターへ提出してください。 
別記第1号様式(申請書)(word形式  32 キロバイト)

その他

米粉の分析には料金が必要です。(1サンプル380円)

「新規用途米粉分析結果書発行事務取扱要領」はこちらをご覧ください。
新規用途米粉分析結果書発行事務取扱要領(PDF形式  80 キロバイト)
「機械器具等使用承認申請書」はこちらをご覧ください。

申請方法等のお問い合わせ先

新潟県農業総合研究所食品研究センター
穀類食品科
住 所:〒959-1381 加茂市新栄町2-25 
TEL:0256-52-3238
FAX:0256-52-6634