このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の茶の放射性物質の検査結果について(平成24年度)
本文はここから

茶の放射性物質の検査結果について(平成24年度)

2012年07月24日

茶の検査結果

1 荒茶

(単位:ベクレル/Kg) 

検査日

産地

 放射性セシウム

放射性ヨウ素

 Cs-134

 Cs-137

I-131

7/24

村上市

検出されず

検出されず

検出されず

7/6

佐渡市

検出されず

検出されず

検出されず

5/25

村上市

検出されず

検出されず

検出されず

食品衛生法の規格基準(飲用に供する茶)

10

基準なし

 飲用に供する茶は、荒茶又は製茶を30倍量の重量の熱水(90℃)で60秒間浸出し、40メッシュ相当のふるい等でろ過した浸出液に、食品衛生法の規格基準(飲用に供する茶)が適用されます。

【定量下限値】
  1ベクレル/Kg

  
 注) 
   定量下限値とは・・・ 分析方法で分析種の定量が可能な最小値、
               分析機関が測定に基づき証明できる最小値です。
                なお、検出限界値は、測定において検出できる
               最小値であり、放射能の特性として、同じ機器で
               測定しても、検体毎に検出限界値は変動するもの
               で、定量下限値より当然低い値となります。

   検出されずとは・・・ 検査対象の核種毎に、定量下限値未満であることを示します。