このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の山菜・きのこの放射性物質の検査結果について
本文はここから

山菜・きのこの放射性物質の検査結果について

2016年09月15日

1 山菜の検査計画

1 調査方法
(1)対象地域 県内全域

(2)対象品目
   ふきのとう、たらの芽、こごみ、ゼンマイ、こしあぶら、たけのこ、ワラビ、ふき、うど、その他

2 分析機関 
  民間検査機関

3 分析方法
  ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法

2 山菜の検査結果

3 きのこの検査計画

1 調査方法
(1)対象地域 産地市町村

(2)対象品目
   原木しいたけ(露地、施設)、原木なめこ(露地)、菌床しいたけ(施設)、菌床なめこ(施設)、菌床えのきたけ(施設)
   ※「原木」、「菌床」、「露地」、「施設」とは栽培方法を表しています。
     原木:丸太に菌を植え付けて、きのこを栽培する方法。
     菌床:おが粉や栄養材・水などを混合した培地で、きのこを栽培する方法。 
     露地:屋外で、きのこを栽培する方法。 
     施設:温度や湿度を管理するなど屋内で、きのこを栽培する方法。

2 分析機関 
  民間検査機関

3 分析方法
  ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法

4 きのこの検査結果

5 山菜の出荷等自粛要請について

1 津南町産こしあぶらの出荷等の自粛要請について
  津南町産こしあぶらについては、平成26年度の検査で食品衛生法の規格基準値(100ベクレル/kg)を超える放射性セシウムが検出されたことから、県は津南町等に対し出荷及び食用の自粛を要請しています。

2 津南町産こしあぶらの検査について
  今年度の状況を把握するため、採取したこしあぶらの検査を実施したところ、1検体から食品衛生法の規格基準値を超える放射性セシウムが検出されました。(220ベクレル)

平成28年度検査結果(報道資料)

報道資料(平成28年9月15日公表)(第38報)(PDF形式  68 キロバイト)
報道資料(平成28年9月8日公表)(第37報)(PDF形式  68 キロバイト)
報道資料(平成28年9月1日公表)(第36報)(PDF形式  72 キロバイト)
報道資料(平成28年8月25日公表)(第35報)(PDF形式  69 キロバイト)
報道資料(平成28年8月18日公表)(第34報)(PDF形式  133 キロバイト)
報道資料(平成28年7月28日公表)(第33報)(PDF形式  69 キロバイト)
報道資料(平成28年7月14日公表)(第32報)(PDF形式  70 キロバイト)
報道資料(平成28年7月7日公表)(第31報)(PDF形式  71 キロバイト)
報道資料(平成28年4月~5月分公表)(第1~26報)(PDF形式  1838 キロバイト)

平成27年度検査結果(報道資料)

報道資料(平成27年4月~平成28年3月分公表)(第1~77報)(PDF形式  9448 キロバイト)

平成26年度検査結果(報道資料)

報道資料(平成26年4月~平成27年3月分公表)(第1~80報)(PDF形式  4962 キロバイト)

平成25年度検査結果(報道資料)

報道資料(平成25年4月~平成26年3月分公表)(第1~77報)(PDF形式  3883 キロバイト)

平成24年度検査結果(報道資料)

報道資料(平成24年10月~平成25年3月分公表)(第69~120報)(PDF形式  2343 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする
◆ このページに関する問い合わせ先
 〈山菜・きのこの生態等に関する問い合わせ先〉
  林政課 
  電話 025-280-5326(土日・祝祭日を除く毎日8:30~17:15)

 〈この記載事項に関する問い合わせ先〉
  食品・流通課 
  電話 025-280-5743(土日・祝祭日を除く毎日8:30~17:15)