このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の予算・決算の中の平成29年度の公金運用状況についてお知らせします。
本文はここから

平成29年度の公金運用状況についてお知らせします。

2018年07月13日

1 運用方針

 「新潟県公金管理方針」及び「平成29年度公金運用計画」に基づき、安全性及び流動性の確保を前提に、可能な限り有利な運用に努めました。
 

2 運用状況

(1)歳計現金等
 運用は金融機関への預金により行いました。
 結果、平均資金残高は増加しましたが、預金金利が低下したことから、運用収入は前年度より55万4千円減少し、124万5千円となりました。

(2)基金
 運用は金融機関への預金及び地方債等の債券により行いました。
 結果、債券の平均資金残高増加により、運用収入は前年度より1,134万1千円増加し、1億7,166万4千円となりました。

(3)新潟東港臨海用地造成事業会計
 運用は金融機関への預金により行いました。
 結果、平均資金残高が減少し、預金金利も低下したことから運用収入は前年度より1万1千円減少し、7千円となりました。

(4)基幹病院事業会計
 運営・開業資金等として保有していたことから、運用は行いませんでした。
 結果、運用収入は前年度と同額の0円となりました。
 
 
◎ 29年度公金運用状況(PDF形式  125 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする