このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の第62回新潟県青壮年・女性漁業者交流大会を開催します
本文はここから

第62回新潟県青壮年・女性漁業者交流大会を開催します

2017年11月02日
 この大会は、県内の青壮年及び女性漁業者が一堂に会し、県内外の先進的な事例について広く研究討論し、技術及び知識を研鑽することによって、漁業と漁村の活性化を図ることを目的として昭和31年から県が毎年開催しています。
 今大会では、3名の漁業後継者の表彰と5名の漁業士の認定のほか、3課題の実績発表等を行います。

日 時

 平成29年11月7日(火) 11:00~15:10

場 所

 新潟市万代市民会館 6階多目的ホール (新潟市中央区東万代町9番1号)

参加者

 約200人(県内漁村青壮年グループ及び女性グループ等)

主な内容

 1 漁業後継者表彰 (11:15~11:25)
 
 2 漁業士認定証授与 (11:25~11:35)

 3 若手漁業者・海洋高校生の発表 (11:35~12:05)
  (1)漁業者として今思うこと (上越漁業協同組合  榊 祥隆)
  (2)バイ篭漁の実用化に向けて (新潟県立海洋高等学校  菊池 巽)

 4 実績発表 (13:05~14:05)
  (1)名立漁協の神経締めの取組について
    (名立漁業協同組合 研究会長  鈴木 栄一)
  (2)漁業と観光業による桑川地区の活性化について
    (新潟漁業協同組合 山北支所桑川連絡所  本間 明治)
  (3)「佐渡カキのガンガン焼き」で沢根に活力を
    (佐渡漁業協同組合 稲鯨支所佐和田出張所  三井 宏志)


報道資料(PDF形式  155 キロバイト)