このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の特産品 水産物
本文はここから

特産品 水産物

2009年02月02日
  |  |  | 

サザエ

巻貝の一種で、壺焼きが有名。主に海藻を餌とし、岩場に張り付いている。

アカムツ(ノドグロ)

年中旬で常に高価で取引されているが、この時期最も美味しいと言われている。

マガレイ

産卵期の秋から冬にかけて特においしくなり、10月頃から旬を迎えます。焼き物や付けなどどんな料理法にも合う上に、価格も手頃で安定しており、私たちの食卓に欠かせない魚です。

ニギス

やや耐寒性で広く分布しているなじみ深い魚。水深200メートル以上の深海に棲む。

ナンバンエビ

甘エビとして一般的になっているが、甘みが強く、他のエビとは違った独特の食感がある。主に北陸以北の日本海で捕れる。本県の水産物ブランドとして進めている。

ヤナギムシガレイ

体形は長だ円形で、身が薄いが、味は上品で淡泊。一夜干しにするとそのうまみが一層引き立つ。本県の水産物ブランドとして進めている。

ハタハタ

産卵期になると冬の荒れた日本海へやってくる。一時期捕れなかったが、最近少し復活してきた。

サバ

栄養価が高く、秋には脂がのって特に美味しい。しかしサバの生き腐れという言葉があるように、鮮度を失いやすいため、刺身で食べるときは注意する必要がある。