このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の特産品 水産物
本文はここから

特産品 水産物

2009年02月02日
  |  |  | 

クロマグロ

別名「海の黒ダイヤ」と呼ばれ、刺身が最も美味しく、寝かせると熟成されてさらに美味。

ウマヅラハギ

白身でややかたく、フグ類の代用として調理されることがある。新鮮な肝は濃厚な風味で美味。

ウスメバル

ハチメともいう。北海道から九州まで広く沿岸にいる。釣るのは早春からだが、夏場にかけてが旬。

シロギス

スズキの仲間で沿岸の砂底に生息し、夏になると浅瀬にくる。刺身、天ぷら、フライ、塩焼き等用とが多い。

タチウオ

体全体が銀白色に輝いているサバの仲間。太刀のような体と、昼間は縦になって泳ぐことからこの名前がついた。刺身、塩焼きと脂がのっておいしい。

イワガキ

マガキと異なり、夏場に天然ものを漁獲し、味わうことが出来る。

クロアワビ

高値で取引され、味も美味でビタミン含有量も多く、健康食品でもある。

アユ

スイカやキュウリに似た特有の香気がある。9~11月に産卵期を迎える。

アカアマダイ

体がやや長くへん平で、なた状という独特の体形をしている。鮮度が良ければ刺身に、身質が柔らかいので塩をしたりぬか漬け等にして身をしめてから料理する。