このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の水海研だより
本文はここから

水海研だより

2018年07月02日
水産海洋研究所が発行している広報誌の紹介です。
【H30.6最新号】第38号「ホッケ資源、回復の兆しか?」「クロアワビにとっての住み良い環境とは」(PDF形式  887 キロバイト)
【H30.1】第37号「新年のごあいさつ」「『新潟県のカニ消費に関するアンケート』結果」「6年ぶりの大漁!“佐渡寒ブリ”」「招かれざる侵入者『コウロエンカワヒバリガイ』」「佐渡沖でとれた珍しいエビ“ミヤビイバラモエビ”」(PDF形式  1297 キロバイト)
【H29.5】第36号「就任のご挨拶」「ブリの標識放流調査を実施しています!」「組織変更のお知らせ」「地元の魚で味つけをーイナダを用いた練り製品用調味料の開発ー」(PDF形式  1162 キロバイト)
【H29.1】第35号「新年のごあいさつ」「価値の高いカニを獲る漁業管理に向けて」「新潟県産ズワイガニの単価向上に向けて-身入り推定指数を用いた選別-」「新潟県でとれた珍しい魚たち」(PDF形式  1078 キロバイト)
【H28.5】第34号「就任のご挨拶」「~流れや水温を予測!~「海の天気予報」運用開始」「美味しさと健康性のあるニギス」「水海研【携帯情報】の開設」「佐渡で見られたアブラガニ」(PDF形式  1656 キロバイト)
【H28.1】第33号「新年のごあいさつ」「陸上養殖への新たな取り組み」「もっと活用冷凍技術!~冷凍ヒラメの刺身を美味しく~」(PDF形式  943 キロバイト)
【H27.6】第32号「藻場は魚介類の故郷!~みんなで藻場を回復させよう~」「活用しよう!リアルタイム急潮予測システム」(PDF形式  1196 キロバイト)
【H27.1】第31号「新年のごあいさつ」「小型が増加!?子持ちナンバンエビ」「凍結粉砕技術の県内水産物への応用に向けて」「簡単にできる!-食品用脱水シートを使った魚の生ハム風食品-」「全国水産試験場場会会長賞を受賞しました!」(PDF形式  942 キロバイト)
【H26.5】第30号『そうだ!やっぱり所得だよね!』「新潟県で発見された珍しい魚たち」「小型漁船の昼いか釣り操業調査について」(PDF形式  1108 キロバイト)
【H26.1】第29号「平成26年のはじめに」「底建網漁業とは」「めざせ燃料削減!-減速航行による省エネ効果-」「新潟県の海藻のポリフェノール」「佐渡でダイオウイカが捕れました!」(PDF形式  1162 キロバイト)
【H25.5】第28号「五十嵐浜に移転して20年」「新たな海藻養殖!~ナガモ(アカモク養殖)~」「佐渡のウニ(その2)」「上越海域の水温情報の提供」(PDF形式  1397 キロバイト)
【H25.1】第27号「新年のご挨拶(新潟海洋観測事始め)」「水産教室と一般公開」「凍結粉砕処理による加工原料化」「新潟で見つかったフグの仲間たち」( 1111 キロバイト)
第26号「2年ぶりに戻って(魅力ある漁業とは)」「今後に期待!ナンバンエビ」「サワラの新作蒲鉾試食会」「沿岸に見られた特異現象(H23)」(PDF形式  986 キロバイト)
第25号 「新年のご挨拶」「佐渡寒ブリが大漁!」「ツルアラメの新たな調理例」「マガレイ漁況の検証」「インターンシップについて」(PDF形式  639 キロバイト)
第24号 「放流ヒラメの移動を科学的に評価」「エビは篭からどう逃げる?」「春のサワラの漁獲の特徴」(PDF形式  887 キロバイト)
第23号 「佐渡市加茂湖で発生した赤潮のモニタリング調査について」「平成22年夏季の高水温と経過」「サゴシ(サワラ)の練り製品原料化について」「とろけるお魚」の特許を取得!」(PDF形式  660 キロバイト)
第22号 「みんなの水産海洋研究所を目指して」「新型ROV(自航式水中ビデオカメラ)の導入について」「柏崎市におけるハマグリの生息について」(PDF形式  538 キロバイト)
第21号 「アカモク(ナガモ)の養殖について」「ホッコクアカエビ(南蛮エビ)の高密度飼育畜養試験について」(PDF形式  585 キロバイト)
第20号 「天皇皇后両陛下をお迎えして」「脱血寒ブリの品質評価」「急潮について」(PDF形式  348 キロバイト)
第19号 「漁況予報と資源管理への「夢」」(PDF形式  97 キロバイト)
第18号 「中越沖地震関連漁業影響調査及び古木調査について」「クロアワビの放流効果向上に向けて」(PDF形式  283 キロバイト)
第17号 「豊かな藻場を取り戻せ!~藻場回復技術開発事業~」「新潟の新しい調味料魚醤油」(PDF形式  442 キロバイト)
第16号 「今期の佐渡寒ブリ不漁について」「暖冬による高水温とその影響について」(PDF形式  318 キロバイト)
第15号 「地元の魚介類を使った とろけるお魚」「今春の下越海域の底質悪化について」(PDF形式  252 キロバイト)
第14号 「バイ資源の増殖管理に向けた展望」「佐渡沖合漁場資源管理検証調査」「板びき網漁業における大型クラゲの分離・排出技術」(PDF形式  297 キロバイト)
第13号-1 「マガキとイワガキの違いを見分ける-DNA分析を用いたカキの種判別- 」「ヤナギムシガレイの漁獲状況-管理手法の検討-」(PDF形式  930 キロバイト)
第13号-2 「マガキとイワガキの違いを見分ける-DNA分析を用いたカキの種判別- 」「ヤナギムシガレイの漁獲状況-管理手法の検討-」(PDF形式  79 キロバイト)
第13号-3 「マガキとイワガキの違いを見分ける-DNA分析を用いたカキの種判別- 」「ヤナギムシガレイの漁獲状況-管理手法の検討-」(PDF形式  234 キロバイト)
第12号 「海洋深層水氷を用いた鮮度保持試験」「ホッコクアカエビ長期蓄養試験について」(PDF形式  149 キロバイト)
第11号 「“磯焼け”について」「平成16年度大型クラゲ対策調査計画について」「新潟県沿岸域で発生の赤潮について」(PDF形式  216 キロバイト)
第10号 「ヒラメの寄生虫症(ネオヘテロボツリウム症)」「平成15年度のエチゼンクラゲ大量出現について」(PDF形式  241 キロバイト)
第9号 「佐渡のウニ」「アカムツのはなし」「アカモクのインスタントスープの開発について」(PDF形式  372 キロバイト)
第8号 「エゴノリの養殖技術開発」「鮮度保持試験について」「板曳網漁業者への鮮度保持に関するアンケート」(PDF形式  192 キロバイト)
第7号 「ヤナギムシガレイの安定量産にむけて」「ハタハタあれこれ」(PDF形式  209 キロバイト)
第6号 「佐渡沖合漁場(佐渡北方礁)調査と資源管理」「高価なパンダヒラメを作らないために!?」(PDF形式  94 キロバイト)
第5号 「ヤナギムシガレイ種苗4万尾を試験放流しました」「シロギス資源の有効利用を考える」(PDF形式  432 キロバイト)
第4号-1 「日・ロ日本海浮魚類生態共同調査から-日本海の」「マゴチを増やす試み-マゴチの種苗生産技術開発研究について-」(PDF形式  621 キロバイト)
第4号-2 「日・ロ日本海浮魚類生態共同調査から-日本海の」「マゴチを増やす試み-マゴチの種苗生産技術開発研究について-」(PDF形式  546 キロバイト)
第3号-1 「エゴノリの生活史」「スルメイカ肉を利用した新しい加工素材」(PDF形式  659 キロバイト)
第3号-2 「エゴノリの生活史」「スルメイカ肉を利用した新しい加工素材」(PDF形式  505 キロバイト)
第2号-1 「夏が旬!イワガキ」「栽培漁業の現状と課題」(PDF形式  940 キロバイト)
第2号-2 「夏が旬!イワガキ」「栽培漁業の現状と課題」(PDF形式  630 キロバイト)
創刊号-1 「水海研だより創刊号によせて-沿岸漁業の将来展望と新研究体制-」「新設課紹介」(PDF形式  828 キロバイト)
創刊号-2 「水海研だより創刊号によせて-沿岸漁業の将来展望と新研究体制-」「新設課紹介」(PDF形式  679 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする