このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の身体障害者手帳制度に関する過去のお知らせ
本文はここから

身体障害者手帳制度に関する過去のお知らせ

2018年06月15日

平成30年4月1日 身体障害者障害程度等級表解説の改正について

○じん臓機能障害の認定基準、認定要領、疑義解釈が改正されました。
【30.2.26厚労省通知】「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の一部改正について(PDF形式  694 キロバイト)
【30.2.26厚労省通知】「身体障害認定基準の取扱い(身体障害認定要領)について」の一部改正について(PDF形式  737 キロバイト)
【30.2.26厚労省通知】「身体障害認定基準等取扱いに関する疑義について」の一部改正について(PDF形式  739 キロバイト)
○これらの改正に伴い、「身体障害者障害程度等級表解説」を一部改正します。
【身体障害者障害程度等級表解説】第2章 第6 じん臓機能障害(PDF形式  201 キロバイト)

平成30年1月17日付け身体障害者認定における『永続する」障害の解釈について

○厚生労働省からの通知に基づき、適切な事務取扱をお願いいたします。
【厚労省通知】身体障害認定における「永続する」障害の解釈について(PDF形式  101 キロバイト)
【厚労省通知】「身体障害認定における「永続する」障害の解釈について」のQ&Aについて(PDF形式  85 キロバイト)

平成29年7月21日付け身体障害者手帳制度要綱の改正について

○ 身体障害者手帳申請の際に添付する様式「総括表 身体障害者診断書・意見書」(身体障害者手帳制度要綱第3号様式)を改正します。
【改正点】
 ・「原因となった疾病・外傷名」に「自然災害」を追加
【対 応】
 ・改正前の様式についても、当分の間使用することができますが、この場合、原因となった疾病・外傷が「自然災害」である申請者については、選択肢「その他( )」内にその旨記載してください。
身体障害者手帳制度要綱(H29.7.21改正)(PDF形式  111 キロバイト)

平成29年7月21日付け身体障害者障害程度等級表解説の改正について

○ 身体障害者手帳申請の際に添付する様式「総括表 身体障害者診断書・意見書」(身体障害者手帳制度要綱第3号様式)を改正します。
 ・原因となった疾病・外傷名」に「自然災害」を追加。

○ 呼吸器機能障害の疑義解釈に追加します。
「総括表 身体障害者診断書・意見書」(PDF形式  82 キロバイト)
第2章 第7「呼吸器機能障害」(PDF形式  212 キロバイト)

平成28年4月1日付け身体障害認定基準等の改正について

○呼吸器機能障害の認定要領における「指数」の算出方法が改正され、診断書様式が変更となります。
○免疫機能障害の疑義解釈が改正されます。
○肝臓機能障害の認定基準、認定要領、疑義解釈が改正、診断書様式が変更となります。具体的な認定基準のポイントは、次の3点です。
(1)認定対象の拡大
   チャイルド・ピュー分類C → 分類Bに拡大
(2)1級、2級の要件の緩和
   日常生活の制限に係る指標の見直し
(3)再認定の導入
   チャイルド・ピュー分類Bの場合、1年以上5年以内に再認定

○いずれも、平成28年4月1日以降に作成された診断書から、新たな認定基準等の対象となります。
○身体障害認定基準等の改正に伴い、新潟県身体障害者手帳制度要綱を改正しました。
身体障害者手帳制度要綱(H28.4.1改正)(PDF形式  111 キロバイト)

再認定制度について

○平成26年4月1日より、再認定制度を導入しています。

○再認定制度とは、障害の状態が変化すると予想される場合において、一定の時点で障害程度を再評価し、必要な支援を行うためのものです。
 平成26年4月1日以降に作成された診断書をもとに申請された、ペースメーカ等を入れた方(先天性疾患等によるものを除く。)、交付申請時の診断書・意見書作成時点での年齢が3歳未満(永続的な障害等を除く。)で手帳の交付を受けた方及び肝臓機能障害(初めて認定を受ける者であってチャイルド・ピュー分類の合計点数が7点から9点の状態にある者。)が対象となります。

○再認定を受けていただく時期は、原則として下記のとおりです。
 ペースメーカ等を入れた方(先天性疾患等によるものを除く。) …植え込み手術後から3年以内
 3歳未満(永続的な障害等を除く。)で手帳の交付を受けた方 …5歳年齢到達時
 肝臓機能障害(初めて認定を受ける者であってチャイルド・ピュー分類の合計点数が7点から9点の状態にある者。) …診断書作成日から1年~5年を経過した時点

身体障害者手帳制度についてはこちら