このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)の指定等について
本文はここから

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)の指定等について

2018年10月01日
 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)の指定申請等の手続きについては以下のとおりです。
 なお、新潟市内にある医療機関等においては、新潟市障がい福祉課が申請の窓口になりますので、直接お問い合わせください。

(病院・診療所)
・ 偶数月(2月,4月,6月…)に審査会を開催し、翌月1日に指定しています。
  (例:平成29年4月審査会→平成29年5月1日付けで指定)
・ 申請の締切は、偶数月の5日頃までとさせていただきます。
  (締切に間に合わない場合は次回の審査となります)

(薬局・訪問看護)
・ 毎月15日頃を締切とし、翌月1日に指定をしています。

1 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第59条第1項の規定に基づく指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)の指定に関する審査基準

審査基準 (word形式  38 キロバイト)

2 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)の新規申請・更新

 指定医療機関として業務を行っていただけるのは、指定を受けた日からになります。申請から指定まで2か月程度かかることがありますので、ご承知願います。

(1) 医療機関(病院・診療所)

<提出して頂く書類>
 ○ 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)指定申請書(第1号様式)
 ○ 担当する医師又は歯科医師の経歴書(別紙1)
 ○ 研究態様に関する証明書(別紙1の2)
 ○ 腎臓に関する医療を担当する場合は別紙1の3
 ○ 小腸に関する医療を担当する場合は別紙1の4
 ○ 自立支援医療を行うために必要な設備および体制の概要(別紙2)
 ○ 人員体制を確認できる書類(様式任意)
   例:勤務管理表、外来医師週間予定表など常勤であることが確認できるもの
 ○ 医師又は歯科医師の免許書の写し
 ○ 学会における制度上の資格等の証明(認定証等)の写し
 ○ 保険医療機関指定通知書の写し
 ※ 様式は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

(2) 薬局

<提出して頂く書類> 
 ○ 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)指定申請書(第1号)
  ※ 「医療機関の名称」は、必ず正式名称を記載してください。また、「医療機関の開設者」が法人の場合は、法人の名称・代表者の氏名及び職名、生年月日を記載してください。
 ○ 経歴書(別紙4)
  ※ 薬剤師としての経験年数を確認しますので、勤務先及び勤務期間、勤務先での身分を記入してください。
   例:○年○月~△年△月 □□薬局 管理薬剤師 等
 ○ 調剤のために必要な設備及び施設の概要(別紙5)
   ※ 「主な設備」について特記すべきものがない場合は、「別紙図面のとおり」と記入してください。
 ○ 店舗平面図
  ※ 待合設備があることが要件になっていますので、待合設備を図示してください。
 ○ 調剤室平面図
  ※ 調剤のために必要な設備及び施設の概要(別紙5)に記載した設備等の配置状況を図示してください)
 ○ 保健所の薬局開設許可証の写し
 ○ 薬局の運営に関する事項が確認できる書類(様式任意)
   例:管理及び運営に関する事項の写しなど
 ○ 薬剤師免許の写し(縮小可)
 ○ 保険医療機関指定通知書の写し

 ※ 様式は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

(3) 訪問看護事業者等

<提出して頂く書類> 
 ○ 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)指定申請書(第1号)
 ○ 訪問看護ステーション等において指定訪問看護若しくは指定老人訪問看護又は指定居宅サービス(介護保
  険法第8条第4項に規定する訪問看護に限る)に従事する職員の定数(別紙3)
 ○ 人員体制を確認できる書類(様式任意)
   例:勤務管理表、看護師一覧表など
 ○ 医師・看護師免許の写し(縮小可)
 ○ 保険医療機関指定通知書の写し

 ※ 様式は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

3 自立支援医療(更生医療・育成医療)を主として担当する医師・歯科医師、薬剤師の変更について

 自立支援医療(育成医療・更生医療)を主として担当する医師・歯科医師、薬剤師が変更した場合は、以下の書類を速やかに届け出てください。

(1) 医療機関(病院・診療所)

<提出して頂く書類>
 ○ 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)変更等届出書(第2号様式)
 ○ 担当する医師又は歯科医師の経歴書(別紙1)
 ○ 研究態様に関する証明書(別紙1の2)
 ○ 腎臓に関する医療を担当する場合は別紙1の3
 ○ 小腸に関する医療を担当する場合は別紙1の4
 ○ 医師又は歯科医師の免許書の写し
 ○ 学会における制度上の資格等の証明(認定証等)の写し
 ○ 常勤であることが確認できる書類(様式任意)

 ※ 様式は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

(2) 薬局

<提出して頂く書類>
 ○ 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)変更等届出書(第2号様式)
  ※ 「医療機関の名称」は、必ず正式名称を記載してください。また「医療機関の開設者」が法人の場合は、法人の名称・代表者の氏名及び職名を記載してください。
 ○ 経歴書(別紙4)
  ※ 薬剤師としての経験年数を確認しますので、勤務先及び勤務期間、勤務先での身分を記入してください。
   例:○年○月~△年△月 □□  薬局 管理薬剤師 等
 ○ 薬剤師免許の写し(縮小可)

 ※ 様式は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

4 その他の変更があった場合

 ○ 「医師、歯科医師、薬剤師の変更」以外の変更について
  ・ 変更等届出書(第2号様式)を提出してください。
  ・ 変更等届出書(第2号様式)に記載欄の無い軽微な変更は届出不要です。
  ・ 変更等届出書(第2号様式)は以下の「5 指定申請等手続要領等」のページよりダウンロードしてください。

5 指定申請等手続要領等

6 指定自立支援医療機関名簿

7 提出先

 新潟県福祉保健部障害福祉課自立支援係
 住所:〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
 電話:025-280-5918 FAX:025-283-2062

8 指定後に必要となる様式等

9 通知等

○自立支援医療(更生医療)と医療保険の特定疾病制度の併用者に係る適正な実施について(平成26年12月18日障第1392号新潟県福祉保健部障害福祉課長通知)(PDF形式  103 キロバイト)
○医療保険の特定疾病療養受療と自立支援医療を併用する者の自己負担について(平成18年6月13日障精発第0613001号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課長通知)(PDF形式  386 キロバイト)
○自立支援医療と医療保険の特定疾病制度の併用者に係る障害者医療費国庫負担金の算定について(平成26年10月17日26検第513号会計検査院長通知)(PDF形式  412 キロバイト)