このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の身体障害者手帳制度
本文はここから

身体障害者手帳制度

2018年06月15日

1 身体障害者手帳

 身体障害者手帳は、身体障害者福祉法に基づき交付され、手帳を所持している方は、障害者総合支援法等による各種の福祉サービスを受けることができます。
 視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体(上肢・下肢・体幹・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能)、心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこう又は直腸機能、小腸機能、免疫機能、肝臓機能に永続する障害があり、その障害の程度が身体障害者障害程度等級表の1級から6級に該当するものと、県知事が認めた障害程度の方が交付を受けられます。

2 お知らせ

平成30年7月1日付け身体障害者手帳制度要綱の改正について

○身体障害者手帳申請の際に添付する様式「総括表 身体障害者診断書・意見書」(身体障害者手帳制度要綱第3号様式)及び「視覚障害の状況及び所見」(第3号様式その1)を改正します。
身体障害者手帳制度要綱(H30.7.1改正)(PDF形式  231 キロバイト)

平成30年7月1日 身体障害者障害程度等級表解説の改正について

○視覚障害の認定基準、認定要領、疑義解釈が改正されました。
【H30.4.27厚労省通知】「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の一部改正について(PDF形式  1259 キロバイト)
【H30.4.27厚労省通知】「身体障害認定基準の取扱い(身体障害認定要領)について」の一部改正について(PDF形式  507 キロバイト)
【H30.4.27厚労省通知】「身体障害認定基準等取扱いに関する疑義について」の一部改正について(PDF形式  1262 キロバイト)
○これらの改正に伴い、「身体障害者障害程度等級表解説」を一部改正します。
【身体障害者障害程度等級表解説】第2章 第1 視覚障害(PDF形式  685 キロバイト)

過去のお知らせはこちら

3 身体障害者手帳の申請について

 申請に必要な書類等は次の表のとおりです。
 申請に必要な書類等をお持ちになり、お住まいの市福祉事務所又は町村役場の福祉担当課にて申請を行ってください。
 申請書・診断書の様式は、市福祉事務所又は町村役場の福祉担当課に備え付けてある他、以下からダウンロードすることができます。
 新潟市にお住まいの方は、申請に必要な書類等が異なる場合がありますので、新潟市へお問い合わせください。


申請に必要な書類等
新規申請のとき ・身体障害者手帳交付等申請(届出)書
・身体障害者診断書・意見書
・顔写真(縦4㎝×横3㎝)
障害の程度が変わったとき
違う障害が加わったとき
・身体障害者手帳交付等申請(届出)書
・身体障害者診断書・意見書
・顔写真(縦4㎝×横3㎝)
・手帳の写し(手帳番号、交付年月日、氏名、障害名の各欄)
手帳をなくしたとき ・身体障害者手帳交付等申請(届出)書
・顔写真(縦4㎝×横3㎝)
手帳が破れたり、汚れたりしたとき
写真を交換したいとき
・身体障害者手帳交付等申請(届出)書
・顔写真(縦4㎝×横3㎝)
住所・氏名が変わったとき ・身体障害者手帳交付等申請(届出)書
・手帳
本人が亡くなったとき ・手帳
※窓口で「身体障害者手帳返還届出書」をお書きいただきます。

※身体障害者診断書・意見書は、申請日より3ヶ月以内に書かれたもの。
※写真は、申請日より1年以内に撮影したもの(正面、原則帽子・サングラス不可)

4 指定医師について

 申請書を作成できるのは、新潟県知事又は新潟市長の指定を受けている医師です。
 主治医や最寄りの病院の医師が指定を受けているかどうかは、以下のお問い合わせ先より、市町村もしくは新潟県障害福祉課へお問い合わせください。
 
身体障害者手帳に関するお問い合わせ先(PDF形式  109 キロバイト)

5 身体障害者手帳をお持ちの方を対象とした福祉制度

 福祉制度等の一覧は新潟県障害者福祉の手引き「ふれあい」をご覧下さい。
 お住まいの市町村によって、ご利用いただけるサービスが異なる場合があります。
 詳細はお住まいの市町村にお問い合わせください。

6 関連情報