このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の労働・雇用の中の三条テクノスクールで「第2回溶接女子会」を開催しました
本文はここから

三条テクノスクールで「第2回溶接女子会」を開催しました

2018年07月12日
新潟県には世界にチャレンジするものづくり企業が数多くあり、様々な職種の技能者が活躍しています。その中でも溶接職種は「男職場で3K」とのイメージが強いですが、三条テクノスクールでは、女性指導員が溶接科を担当したことから、女性だからこそできる繊細な溶接技能をPRし、女性受講生を拡大してきました。これまで修了生17人が溶接関連職種に就職し、企業からも高い評価をいただいています。

現在、溶接科がある県内テクノスクール3校の全てに女性訓練生が在籍していることから、「第2回溶接女子会」を開催する運びとなりました。今回は修了生にも多数参加いただき、現在訓練を受けている溶接女子の皆さんに、仕事はもちろん、お金や結婚、家庭などについて幅広く話し合ってもらい、日ごろの悩みを解消し「溶接女子」「ものづくり女子」の絆を深めていただく予定です。

これを契機に、県立テクノスクールでは、「溶接女子」「ものづくり女子」をキーワードとして、人材不足にあるものづくり分野で活躍する女性技能者の育成を、拡大・推進していきたいと考えております。

三条テクノスクールで「第2回溶接女子会」を開催しました

1 開催日時   平成30年7月6日(金)16:00~17:00

2 参 加 者  在校生(溶接科女性訓練生)4名
        修了生(溶接職種で活躍の女性修了生)7名
        ファシリテーター:榎本静香(三条テクノスクール溶接科指導員)
        オブザーバー:溝口洋(新潟県副知事:溶接女子応援団長)

3 開催場所   三条テクノスクール会議室
  「溶接女子会」越後ジャーナル掲載記事(PDF形式  126 キロバイト)
溶接女子

※ 第1回溶接女子会について


  開催日:平成28年12月26日
  会 場:三条テクノスクール
  概 要:訓練生3名、指導員1名、計4名が参加。日ごろの悩み等を話し合い、「ものづくり」分野で頑張ろうとの絆ができた。
新潟県報道資料(「第2回溶接女子会」開催)(PDF形式  96 キロバイト)