このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の労働・雇用の中の技能五輪全国大会
本文はここから

技能五輪全国大会

2018年06月01日
「第55回技能五輪全国大会」新潟県選手団

概要

■開催の趣旨・目的
 技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会であり、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者が優れた技能に身近に触れる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重気運の醸成を図ることにおかれています。

■開催の状況
 第1回全国大会は、第12回技能五輪国際大会(アイルランド)へ派遣する日本代表を選抜するため、1963年5月に東京で開催されました。現在は原則として毎年11月に開催され、偶数年に開催される大会の優勝者を翌年の国際大会に派遣することとしています。一方、奇数年に開催される全国大会の優勝者は、海外研修プログラムに参加しています。全国大会の出場選手は、開催年の年齢が原則として満23歳以下で、都道府県職業能力開発協会が行う地方予選あるいは推薦等により選抜された方です。

■地方開催
 本大会は、昭和38年から首都圏を中心に毎年開催されてきましたが、平成6年の第32回大会の富山県、平成8年の第34回大会の島根県と地方で開催されるようになり、平成10年の第36回大会以降は、毎年地方開催となっています。
 平成15年の第41回大会は新潟県で開催され、本県選手は金賞6名を含む71名が入賞し、「優秀技能選手団賞」を受賞しました。

※ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

第55回技能五輪全国大会結果(新潟県選手団)

 平成29年の第55回大会は、栃木県で開催されました。本県からは、10職種29名が出場し、建築大工職種で金賞を受賞するなど、6職種11名が入賞しました。

■第55回大会での競技職種(42職種:選手数 約1,200人)
機械組立て|抜き型|精密機器組立て|機械製図|旋盤|フライス盤|木型|自動車工
構造物鉄工|電気溶接|自動車板金|曲げ板金|車体塗装
メカトロニクス|電子機器組立て|電工|工場電気設備
タイル張り|配管|石工|左官|家具|建具|建築大工|造園|冷凍空調技術|とび
貴金属装身具|フラワー装飾|美容|理容|洋裁|洋菓子製造|西洋料理|和裁|
日本料理|レストランサービス
ITネットワークシステム管理|情報ネットワーク施工|ウェブデザイン|移動式ロボット

問い合わせ先

■新潟県産業労働観光部職業能力開発課 
□住所 〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 県庁11階
□電話 025-280-5263
□Fax  025-280-5168

■新潟県職業能力開発協会 検定課
□住所 〒950-0965 新潟市中央区新光町15番地2 新潟県公社総合ビル4階
□電話 025-283-2155
□Fax  025-283-2156