このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の消費・食・生活情報の中のにいがた食の安全・安心を考える学習会を開催します(11月19日糸魚川市)
本文はここから

にいがた食の安全・安心を考える学習会を開催します(11月19日糸魚川市)

2016年10月26日

「にいがた食の安全・安心を考える学習会」とは

 食の安全安心については、健康志向の高まりとともに、消費者の関心も依然として高いものがあります。
 「にいがた食の安全・安心を考える学習会」は、食品の選択・購入において役立つ情報を提供するとともに、食の安全安心について共に考える場として企画された学習会です。

第4回「にいがた食の安全・安心を考える学習会」開催のご案内(11月19日開催)

~みんなで学ぼう! 畜産安心ブランド「クリーンエッグ」について~

 日々の食卓に欠かせない卵。卵は身近な栄養源として直にまた様々な形で料理に取り入れられています。
 卵は身近であるがゆえに価格競争にさらされ、生産現場に影響を与えてきました。そのような中で、安全で安心な卵を食卓に届けるために生産者がどのような取組をしているのか、生産現場に伺い生産者の苦労と取組を観て聴いていただく催しを企画しました。
 この機会に卵の価値を再発見してみませんか?

◇開催日 平成28年11月19日(土)10:20~12:30

◇会 場 渡辺鶏園・大和川地区公民館(糸魚川市大和川6346-1)

◇学習テーマ
 食生活に身近な存在の卵の生産農場の中でHACCPの考え方に基づく衛生管理手法を導入した「畜産安心ブランド生産農場」の見学を通じて、食の安全・安心と環境保全の取組について理解を深めます。
 併せて、飼料米活用による米の消費拡大の取組について学習し、理解を深めます。
 (注)新潟県ではHACCPの考え方に基づく衛生管理手法を畜産農場に普及・定着しています。この手法を導入した農場を「畜産安心ブランド」として公益社団法人新潟県畜産協会が認定しています。
 ①卵の生産管理について
 ②鶏のエサについて
 ③鶏の一生について
 ④6次産業化の取組について

◇定 員 40名
     ※参加者は小学生以上とさせていただきます。
     また、小学生参加の場合は、保護者同伴でお願いします。

◇参加費 無料

◇申込方法 事前申込必要(整理券をお送りします)
 ※下記の案内チラシ(申込用紙)をプリントアウトし、必要事項を記入のうえ、Faxにて新潟県生活協同組合連合会へお申込みください。
第4回 にいがた食の安全・安心を考える学習会 ~みんなで学ぼう!畜産安心ブランド「クリーンエッグ」について~(PDF形式  1803 キロバイト)

◇お申込み・お問合せ先
 新潟県生活協同組合連合会
  TEL 025-285-8916
  FAX 025-285-8917


「にいがた食の安全・安心を考える学習会」実施の報告について

平成28年度に開催された学習会の終了報告書を掲載しました。
参加者に回答いただいたアンケート結果などもご覧いただけます。
特別栽培のメロン園&新川河口排水機場見学(7月23日実施)( 684 キロバイト)
特別栽培の田んぼ&田んぼの生き物観察(8月6日実施)( 660 キロバイト)