このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の消費・食・生活情報の中の「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」開催案内
本文はここから

「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」開催案内

2018年05月01日

「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」とは

 食の安全・安心については、健康志向の高まりとともに、消費者の関心も高いものがあります。
 「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」は、食品の選択・購入において役立つ情報とともに、県内の先進的な生産者の取組の見学を通じ、食の視点から持続可能な社会の形成を考える場として企画された学習会です。

第3回「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」を開催します(9月1日、新潟市、要申込)

~:「地理的表示(GI)保護制度」により登録された「くろさき茶豆」の圃場見学、GI登録によるブランド化についての学習会~


◆期日:9月1日(土)

◆会場:JA越後中央東部園芸センター(新潟市西区木場53)

◆スケジュール:新潟駅南口受付開始(8:45)~新潟駅南口出発(9:00)~茶豆生産圃場到着・見学(9:30~10:20)~会場着・説明会(10:30~11:30)~会場発(11:40)~新潟駅南口到着・解散(12:00)

◆内容:「地理的表示(GI)保護制度」により登録された「くろさき茶豆」の圃場見学、登録に向けた取組についての説明
         
◆学習テーマ:伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている農林水産品について、国はその産品の名称「地理的表示(GI)」を知的財産として登録、保護する制度により、それらの生産業者の利益の保護を図っている。
 県内で初めてこの「地理的表示(GI)保護制度」により登録された、「くろさき茶豆」の圃場及び集荷場の見学と、登録に向けた取組についての学習を通じて、地域の特産品のブランド化についての理解を深める。
       
◆定員:40名
      ※参加者は小学生以上とさせていただきます。
      (小学生の場合は、必ず保護者同伴でお願いします。)
      ※応募者多数の場合、抽選となります。

◆参加費:無料

◆申込方法:事前申込必要(整理券をお送りします)
 ※下記の案内チラシ(申込用紙)をプリントアウトし、必要事項を記入の上、FAXにて新潟県生活協同組合連合会へお申込みください。
 
◆申込締切:8月24日(金)必着

◆お申込・お問い合わせ先
 新潟県生活協同組合連合会
 TEL 025-285-8916 
 FAX 025-285-8917
【案内チラシ・申込用紙】第3回食から持続可能な社会の形成を考える学習会~くろさき茶豆の圃場見学、GI登録によるブランド化についての学習会~(PDF形式  1078 キロバイト)

(平成29年度)「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」の終了報告書を掲載します

平成29年度に開催された「食から持続可能な社会の形成を考える学習会」の終了報告書を掲載しました。
アンケート結果などがご覧いただけます。
(7月15日実施)特別栽培農産物認証およびエコファーマー認定農場見学(PDF形式  185 キロバイト)
(10月14日実施)佐渡の自然を生かした農水産事業の現地見学と学習会(PDF形式  196 キロバイト)
(12月13日実施)新潟市食肉センター見学(PDF形式  163 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする