このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の消費・食・生活情報の中の【相談事例】「お金を上げる」「悩みを聞いて」~悪質な出会い系サイトに要注意~
本文はここから

【相談事例】「お金を上げる」「悩みを聞いて」~悪質な出会い系サイトに要注意~

2019年01月04日

相談内容

相談1
 パソコンに不審なメールが届いても全て無視していたが、ある日「7500万円の遺産を渡したい」というメールが目に留まった。信じ込んでやり取りしているうちに、有料サイトに登録になりメールのポイント代として80万円をクレジットカードで支払ってしまった。返金してほしい。

相談2
 スマホに知らない人から「悩みを聞いてくれたらお金をあげる」というメールが届いた。副業を探していたのですぐに返信したら「このスマホは仕事用なのでサイトに移って話をしたい」と言われた。相談に乗ってあげたいと思い、サイトに登録したが、報酬を受け取るための手続き料等を次々と請求され、その都度、電子マネーを購入して番号を伝えてしまった。しかし、何かと理由を付けて報酬を受け取ることが出来ない。どうしたらよいか。

消費者庁イラスト集より

アドバイス

 「遺産を受け取ってほしい」「メールで相談に乗ってくれたら報酬を支払う」
知らない人からこうしたメールが届いたら注意してください。
 返信すると、有料の出会い系サイトなどに誘導され「相手の巧妙な言葉を信じてやり取りするうちに高額な料金を支払ってしまった」という相談が、年齢・性別を問わず寄せられています。
 こうしたサイトでは、ポイントを購入し、そのポイントを使ってサイト内でメールを行う仕組みになっている事がほとんどです。
 メール相手が出会い系サイトの「サクラ」であることが考えられますが、証明することは難しく、一度支払ったお金を取り戻すことは困難です。

*相談1については、クレジットカード会社と決済代行会社に経緯書を送付し、対応を求めるよう助言し、契約先と交渉を進めていく事になりました。
*相談2については、電子マネー発行会社に使用状況を調べてもらいましたが、既に全額使用されていましたので、被害回復は難しい事を伝えました。

 メールの内容や相手の身元が本当かどうかわからないのに、有料ポイントを購入してはいけません。特に、将来得られるという収入を前提とした支払いは絶対に避けてください。
 不審に思ったら、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。


消費者庁イラスト集より


県消費生活センター相談電話 025-285-4196
相談時間 月~金曜日 午前 9時~午後5時
      土曜日   午前10時~午後4時30分(電話相談のみ)
      日曜・祝日・年末年始は休み
      来所相談は、要予約。

テレフォンサービス  025-285-7000
            ・クーリング・オフの方法
            ・携帯電話のサイト料金請求トラブル
            ・ハガキ等による覚えのない請求の対処法
            ・多重債務に陥ってしまった場合