このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の商工業・産業立地の中の十日町明石ちぢみ(とおかまちあかしちぢみ)
本文はここから

十日町明石ちぢみ(とおかまちあかしちぢみ)

2015年04月01日

夏着尺の代表

 19世紀のはじめ、伝統的な越後縮(麻織物)の技法を絹に応用して創織された透綾織(すきやおり)を源流としています。横糸に強撚(きょうねん)を加え、湯もみをして独特の「しぼ」をつくり出しますが、清涼感あふれるシャリっとした薄地風が最大の特徴です。
【昭和57年11月1日指定】

きものを体感 イベントや施設が充実

 十日町産地では、春の「きものまつり」、夏の「民謡流し」、秋の「きものの街のキルト展」、冬の「雪まつり」など、四季折々のイベントを通じてきものを発信しています。また、工房見学、製作体験や着付体験などは随時受け入れています。

主な商品

○十日町明石ちぢみ(夏用絹着尺地)

産地組合名

【十日町織物工業協同組合】
〒948-0003 十日町市本町6 クロステン4階
[電話] 025-757-9111 [FAX] 025-757-9116
[E-mail] t.orikumi@mail.tiara.or.jp
[URL]  http://www.tokamachi-orikumi.or.jp/