このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の【報道発表】熱中症に警戒してください
本文はここから

【報道発表】熱中症に警戒してください

2017年07月10日
 県内では、今週に入り、今年初めて気温が35度を超える猛暑日となる見込みです。今後も気温が高い日が続くことが予想されますので、熱中症の発生が多くなることが懸念されます。
 県ではホームページ等で県民の皆様に注意を呼びかけ、熱中症の予防等についての情報を提供しています。
 また、市町村や消防本部に対し、地域住民の皆様に熱中症への注意を呼びかけ、熱中症の予防に万全を期するよう依頼しました。
 なお、熱中症により多数の方が救急搬送されており、本日、新発田市の男性が熱中症の疑いでお亡くなりになっています。


1 熱中症の予防
(1)のどが渇く前に、こまめに水分を補給する。たくさん汗をかいたら、塩分も補給する。
(2)屋外では帽子をかぶるなど、暑さを避ける。屋内ではエアコンや扇風機を活用する。
(3)吸湿性や通気性の良い素材のものを着るなど、服装を工夫する。
(4) 特に、高齢者は暑さや水分不足の感覚が低下しているので、家族や周囲の方々が注意深く見守る。

2 熱中症が疑われたとき
(1)涼しい環境へ避難する。
(2)衣服を脱ぎ、体を冷やす。
(3)冷たい水またはスポーツドリンク等を摂取する。
(4)自分で水分を摂取できないときは、緊急で医療機関に搬送する。
報道発表資料(PDF形式  92 キロバイト)

関連サイトリンク

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする