このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の地震による電気火災を防ぎましょう!
本文はここから

地震による電気火災を防ぎましょう!

2017年06月01日

地震による火災の発生原因は?

阪神・淡路大震災、東日本大震災で発生した火災の中で、出火原因が特定された火災の6割以上が電気による出火でした。

地震が引き起こす電気火災とは?

地震により散乱した家具などの可燃物に電気ストーブや照明器具が接触して火災が発生します。
また、地震による停電が復旧した際、通電状態となった電気ストーブ等から出火することもあります。
このような電気火災を防ぐには、地震発生後に電気を遮断することが重要であり、「感震ブレーカー」を設置することで自動的にブレーカーを落として電気を遮断することができます。

感震ブレーカーとは?

地震の強い揺れを感じて、自動的にブレーカーを落とし電気を遮断する機器です。
感震ブレーカーにはいくつかのタイプがありますので、ご家庭の状況に合わせてご検討をお願いします。
なお、設置するにあたっては、特に以下の点に留意する必要があります。
・生命維持に直結するような医療機器を設置している場合、停電に対処できるよう、バッテリー等を備えて下さい。
・夜間に大きな地震が発生し、感震ブレーカーが作動した場合、避難時の照明確保ができない場合があります。停電時にも使える照明器具を常備して下さい。

その他、設置にあたっての留意点の詳細は下記のPDFファイルをご覧下さい。
感震ブレーカー等を設置するにあたって(留意点)(PDF形式  226 キロバイト)
感震ブレーカー等の普及啓発のチラシ(PDF形式  187 キロバイト)

感震ブレーカー等の模擬実験

感震ブレーカーの模擬実験の動画を内閣府『防災情報のページ』で見ることができます。