このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の新潟県少年自然の家
本文はここから

新潟県少年自然の家


【お知らせ】「自然の家で防災キャンプ」について

 度重なる地震や豪雨により大きな被害を受けている本県では、これまでの様々な防災訓練等に加えて、より体験的な取組が求められています。いつ直面するかわからない「避難所生活」を自然の家で体験してみませんか。「避難所での過ごし方」、「非常時の食事」、「避難所生活が長くなったときの心のケア」などの体験を通して、災害時に備えての知識を身につけることができるように『防災キャンプ』を開催します。万が一に備えて体験しておくことにより、いざという時に役立ちます。皆様の参加をお待ちしております。

【報告】「第1回 自然・ふれあい!家族のつどい」の様子

 8月26日(土)~27日(日)に「第1回 自然・ふれあい!家族のつどい」を行いました。県内各地から28家族84人の皆さんが集まり、家族の絆を深める自然体験活動を行いました。胎内の自然の中で、参加者の皆さんの感謝の言葉と笑い声が響きわたる2日間になりました。

【お知らせ】「自然の家で学校支援ボランティア体験!」について

 新潟県少年自然の家では、学校や少年団体に関わる方を対象にボランティア体験事業を開催します。自然の家で学校などが自然教室を行うときに、保護者の方や学校支援を担う地域の方などがボランティアとして参加することがあります。この事業は、ボランティアとして関わるときのヒントを紹介し、体験していただく企画です。これから自然の家で、ボランティア活動を考えていらっしゃる方は、是非ご参加ください。

【お知らせ】「第2回はつらつ体験塾」「はつらつ体験塾日帰りミニキャンプ」について

 はつらつ体験塾は、学校や教室に行けない・行きづらいなと感じている小・中学生を対象にした、新潟県教育委員会・新潟県少年自然の家が行っている不登校児童生徒体験活動推進事業です。
自然・生活体験活動を通して、集団への適応性を高めたり、人間関係づくりのエネルギーを充電したりすることをねらいとしています。
 「第2回はつらつ体験塾」の参加者を募集します。また、より気軽に参加できるよう、「日帰りミニキャンプ」も計画しました。詳しくは下記をご覧ください。

「はね馬キャンプ カヌー体験in胎内」について

 「はね馬キャンプ カヌー体験in胎内」は定員に達したため、募集を終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました。なお、問合せは国立妙高青少年自然の家にお願いします。

【報告】 ありがとうございました 『家族でカヌーに親しもう!!』

8月11日(金) 胎内川において、主催事業『家族でカヌーに親しもう』が行われました。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

平成29年度「第1回チャレンジわんぱくサマーキャンプ」の様子

7月29日(土)、30日(日)に今年度の第1回「チャレンジわんぱく」を行いました。2日間とも天候に恵まれ、すべての屋外プログラムを予定通り実施することができました。初めての参加者は期待と不安とともに、昨年度までの参加者は再会を喜んでいました。2日間を終えた子供たちの顔は達成感と次回の期待感でいっぱいでした。

祝!延利用者数150万人達成記念!!

 昭和48年8月の開所以来の延利用者数が150万人に到達しました。そのお祝いの記念式典を行いました。式典には、この日に入所した団体の皆様と、胎内市教育長をはじめとする来賓の皆様に参加していただきました。

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする

自然の家の基本テーマ

なかよく たのしく げんきよく
カヌボー
自然の家マスコット:カヌボー

連絡先

  〒959-2602
  新潟県胎内市乙字大日裏
  電話:0254-46-2224
  ファクシミリ:0254-46-3070
  Eメール:
  ngt503060@pref.niigata.lg.jp

お役立ち情報

胎内市の体験学習