このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の東日本大震災により福島県から避難されている方々に対する応急仮設住宅の供与期間を、福島県の要請を受け、平成29年3月末まで延長します。
本文はここから

東日本大震災により福島県から避難されている方々に対する応急仮設住宅の供与期間を、福島県の要請を受け、平成29年3月末まで延長します。

2015年08月14日
 新潟県では、福島県からの要請を受け、平成23年7月から、民間賃貸住宅の借上げ等により、避難されている方々に応急仮設住宅を供与しており、期間については、平成28年3月末までとしているところです。
 このたび、福島県から供与期間を平成29年3月末まで延長するよう要請があり、併せて、避難指示区域外から避難されている方への供与を平成29年3月末をもって終了する旨の通知がありました。
 ついては、同県の要請を受け、応急仮設住宅の供与期間を延長することとします。
 また、避難指示区域外から避難されている方への借上げ住宅の供与は、平成29年3月末をもって終了となります。
 本県といたしましては、県内での定住を希望する方などに対し、平成27年度内に住宅情報の提供や公営住宅の活用など、支援策を取りまとめてまいります。
 
報道資料(PDF形式  56 キロバイト)