このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の参議院選挙制度改革に関する公職選挙法改正案についての知事コメント
本文はここから

参議院選挙制度改革に関する公職選挙法改正案についての知事コメント

2015年07月24日

参議院選挙制度改革に関する公職選挙法改正案についての知事コメント

 選挙制度の見直しについては、参議院も衆議院も全て人口比だけで定数を決めるのではなく、両院で違う性格を持たせないと、二院制を設ける意義がなくなるのではないかと考えております。
 特に、参議院では選挙区で地域毎の団体自治をどう進めるかという側面と、比例区では職能代表が選ばれるという側面を有しておりますが、中央政府と地方自治の関係を円滑にしていくためには、地方代表の制度が必要であり、地方代表の側面をなくすことになる合区には反対です。
 なお、本県選挙区の定数削減については、全国第5位の広大な面積を持ち、国土保全や食料安全保障の観点でも重要な役割を果たしている本県の声が国政に届きにくくなることから、大変残念なことと受け止めております。
参議院選挙制度改革に関する公職選挙法改正案についての知事コメント(PDF形式  55 キロバイト)