このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【新発田】平成30年産大麦技術情報No.2を発行しました
本文はここから

【新発田】平成30年産大麦技術情報No.2を発行しました

2017年10月30日
・越冬前の生育量を確保するため、遅くとも11月中旬までに追肥を行いましょう。
・排水不良条件下では、根の養分吸収力が弱まり、秋期追肥の効果が得られません。追肥前には必ず排水対策を徹底してください。
・降雨後24時間以内にほ場表面の水が全て排出されるようにしましょう。


※詳細は添付ファイルをご参照ください。
【新発田】平成30年産大麦技術情報No.2(PDF形式  213 キロバイト)