このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【下越】統計情報(下越動物保護管理センター)
本文はここから

【下越】統計情報(下越動物保護管理センター)

2019年04月15日

【下越】下越動物保護管理センター統計情報

【犬猫の保護収容等の状況】
 当センターは、新発田保健所管内(新発田市、阿賀野市、胎内市、聖籠町)、村上保健所管内(村上市、関川村、粟島浦村)及び新津保健所管内の一部(阿賀町)を担当しています。
 過去の実績は次の表のとおりです。
 犬については、やむない理由で飼えなくなった犬を飼い主さんから引取る「引取」の頭数が大きく減少するとともに、放れている犬を保護する「抑留」の頭数も減少しています。一方で、飼い主さんへの抑留犬の「返還」と、引き取った犬を新しい飼い主さんに譲り渡す「譲渡」を着実に進めてきた結果、「処分等」(やむを得ない処分又は飼育中の死亡)に至る頭数は大幅に減少し、昨年度は1頭でした。

 猫についても、「引取」や所有者不明等で収容される「不明等収容」の頭数が大きく減少する一方で、「譲渡」を進めてきた結果、「処分等」頭数は激減し、昨年度は23頭(致死処分は2頭)でした。

 これらの理由としては、「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正や飼育される方のモラルの向上等様々な理由が考えらますが、今後も飼育方法や繁殖制限(不妊去勢手術)の重要性、終生飼育の必要性、しつけの大切さ等についてお伝えし、飼い主が最後まで責任を持って飼育するようにより一層の普及啓発を図ります。また、保護収容した犬猫については、速やかな情報開示と健康管理に努め、捜している飼い主さんへの早期返還や新しい飼い主さんと巡り会える機会を多く作り、人と動物が共存できる豊かな社会作りを目指していきます。