このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【新発田】児童・障害者相談センター
本文はここから

【新発田】児童・障害者相談センター

2017年03月10日
 児童・障害者相談センターには、新発田児童相談所・新発田身体障害者更生相談所・新発田知的障害者更生相談所があります。

お知らせ

子どもへの虐待をなくそう!

虐待を受けたと思われる子どもを見つけたときは、児童相談所や市町村窓口などに連絡(通告)してください。
連絡した人の秘密は法律で守られています。
出産や子育てに悩んでいたら、児童相談所や市町村の窓口にご相談ください。

【子どもを虐待から守るための5か条】
①「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告してください)
②「しつけのつもり」は言い訳(子どもの立場に立って判断しましょう)
③ひとりで抱え込まない(あなたにできることから実行しましょう)
④親の立場より子どもの立場(子どもの命を最優先しましょう)
⑤虐待はあなたの周りにも起こりえる(特別なことではありません)

【児童相談所全国共通ダイヤル】
189(いちはやく)

    里親になりませんか

    ○里親とは?

    さまざまな事情により、自分の家庭で生活することができなくなったお子さんを自らの家庭に迎え入れて、愛情と真心を込めて養育してくださる方です。

    ○里親の種類は?

    ☆養育里親
    家庭で育てることができなくなった子どもを親に代わって短期的または長期的に養育する里親です。
    ☆専門里親
    虐待を受けたり、障害を持っていたりと専門的なケアを必要とする子どもを養育する里親です。
    ☆養子縁組を希望する里親
    養子縁組によって養親となることを希望する里親です。
    ☆親族里親
    両親が亡くなったり、行方不明になった場合など、その子どもの三親等内の親族が里親となって養育することです。

    ○里親になるには?

    まず、児童相談所にご相談ください。
    里親希望の方には、くわしくご説明いたします。
    里親制度についてご理解いただきましたら、ご家族合意の上で
    児童相談所にお申し込みください。

    児童相談所

     0歳から18歳未満までのお子さんの家庭や学校での問題、不登校、非行、発達の遅れ、療育手帳の判定、虐待等の養育の問題などについて相談に応じます。

    知的障害者更生相談所

     18歳以上の方の療育手帳の判定や本人及び家族の心配ごとや社会参加のための相談等に応じます。

    身体障害者更生相談所

     18歳以上の方の身体障害者手帳、補装具、更生医療等の相談や判定を行います。

    相談方法は

    電話または来所相談ができます。
    来所相談の場合は、事前に予約をお願いします。

    【受付時間】
    平日の午前8時30分から午後5時15分まで

    【連絡先】
    住所:〒番号957ー8511 新発田市豊町3丁目3番2号
    電話:0254ー26ー9131
    FAX:0254ー26ー0022

    ※児童相談所全国共通ダイヤル「189」(いちはやく)でも
     新発田児童相談所につながります。
    ※夜間・休日は中央児童相談所の連絡先(025-381-1111)が
     アナウンスされます。