このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【下越】新しい飼い主募集(下越動物保護管理センター)
本文はここから

【下越】新しい飼い主募集(下越動物保護管理センター)

2017年09月21日

新しい飼い主大募集!

 下越動物保護センターでは犬や猫の新しい飼い主を募集しています。
 譲渡ご希望の方は、下記「犬又は猫の譲渡実施要領」の説明をご覧いただき、当センター(0254-24-0207)にお問い合わせください。

  平成28年度譲渡数 犬24頭(成犬24頭、子犬0頭)、猫194頭(成猫49頭、子猫145頭) 
  平成27年度譲渡数 犬47頭(成犬47頭、子犬0頭)、猫159頭(成猫19頭、子猫140頭)
  平成26年度譲渡数 犬46頭(成犬45頭、子犬1頭)、猫142頭(成猫12頭、子猫130頭)
  平成25年度譲渡数 犬41頭(成犬39頭、子犬2頭)、猫120頭(成猫15頭、子猫105頭)

※飼い主さん募集中!
是非家族の一員として迎え入れてあげて下さい!

現在新しい飼い主を待っている動物たちです!

№52
左から
○パピヨン(茶白)♀:不妊済み(17芝YD003)
 H25/5/1生まれ 2.4Kg マイクロチップ挿入済み

○パピヨン(白黒)♀:不妊済み(17芝YD004)
 H25/4/16生まれ 5.4Kg マイクロチップ挿入済み
 ※てんかんの持病有り

共に5種混合ワクチン接種・駆虫済み

・写真左のパピヨン茶白は、とても人なつっこく、人が大好きな可愛い子です。少々甘えん坊なため、呼び鳴きすることがあります。
・写真右のパピヨン白黒も人に慣れていますが、少々気難しい性格です。てんかんの持病があるため、発作予防の為に毎日投薬が必要です。お薬を飲むのが苦手なので、ご飯に混ぜる等の工夫が必要です。

※仲良しの2頭なので、病気にご理解があり、一緒に飼ってくださるご家庭を希望します。

№47
左から
よもぎ白♀(17村YC041) 1.3Kg
白よもぎ♀(17村YC036) 1.2Kg 

H29/6/7生まれ
8/23 3種混合ワクチン接種及び駆虫済み

№43
左から
茶トラ白♂(17村YC035) 1.3Kg
白よもぎ♂(17村YC044) 1.7Kg 

H29/6/7生まれ
8/22 3種混合ワクチン接種及び駆虫済み

№38
左から
黒白♂(17芝MC048)
黒♂(17芝MC053)→譲渡済み

H29/5/30生まれ(推定)
黒白♂:7/19 駆虫済み
    7/20 3種混合ワクチン接種済み
黒♂:7/21 3種混合ワクチン接種及び駆虫済み
8/23 2匹共に3種混合ワクチン2回目接種済み

まだ少々怖がりですが、少しずつなでなでも出来るようになってきました。

№30
左から
白よもぎ♀(17村YC016)
白灰♀(17村YC017)

H29/5/12生まれ(推定)
7/12 3種混合ワクチン接種及び駆虫済み
8/9  3種混合ワクチン2回目接種済み

だんだん人にも環境にも慣れてきました。白灰はおもちゃが大好きです。

写真左の白よもぎは、まだダンボールから出るのは怖いみたいです

№29
左から
黒白♂(17村YC015)→譲渡済み
白♀(17村YC010)

H29/5/12生まれ(推定)
7/12 3種混合ワクチン接種及び駆虫済み
8/9  3種混合ワクチン2回目接種済み

きりっとした表情ですが、中身は甘えん坊です。

☆★☆2ページ目へ☆★☆

新潟県携帯端末用サイト「新潟mobile」にも情報を掲載しています。
お知り合いの方にもお知らせください。
QRコード読み取り機能付きの携帯電話をお持ちの方は、右側のQRコードを撮影するとアドレスを読み取ることができます。

犬も猫も事前に「動物の譲渡資格・飼養環境調査票」を提出いただいた方から順にご連絡させていただいてます。
子犬の希望者は多くの方からお待ちいただいていますが、収容数は年々減少し、いつご連絡できるか分からない状況です。
一方成犬や成猫の希望者はほとんどいない状況です。
譲渡ご希望の方は、下記の「セルフチェックシート」の内容をご確認の上、「動物の譲渡資格・飼養環境調査票」を当センターに提出ください。FAXでの提出も受け付けています。

ペットを飼う前のセルフチェックシート(PDF形式  20 キロバイト)
動物の譲渡資格・飼養環境調査票(PDF形式  266 キロバイト)

新潟県庁・飼い主をさがしている動物たちの情報(他の動物保護管理センターへのリンク)

★万が一の時のために、愛犬・愛猫にはマイクロチップを入れましょう!
↓マイクロチップについて、詳しくは下記リンクをご覧ください。

平成28年度当センターでの譲渡数、致死処分数
譲渡   犬24、猫194
致死処分 犬1、 猫8
致死処分頭数は年々減少してきていますが、今後も1頭でも不幸な犬猫が減るよう、譲渡と適正な飼育の普及啓発を行ってまいります。