このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の「新潟の魅力を考える懇談会」を設置します
本文はここから

「新潟の魅力を考える懇談会」を設置します

2019年01月30日
 新潟のイメージは、「米」、「酒」、「雪」等の限定的なイメージにとどまっており、県内各地域の多様な魅力が、県外はもとより、県民にも共有されていないことが、新潟の魅力を十分伝えきれていないことにつながっています。
 そのため、今後、「住んでよし、訪れてよしの新潟県」の実現に向けては、県民の皆様が新潟の魅力を改めて考え、気づき、そして積極的に表現していただくことが重要と考えております。
 この度、こうした認識の下で、県民の皆様から新潟の魅力について主体的に考えていただくきっかけを作るため、専門的な観点から必要な意見及び助言をいただく「新潟の魅力を考える懇談会」を下記のとおり設置することとしましたので、お知らせします。

1 構成員

(敬称略、五十音順)
委員 所属 備考
岩佐 十良 (株)自遊人代表取締役、新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン総合プロデューサー (座長)
菅野 敦司 (公財)鼓童文化財団専務理事  
菅谷 とも子 全日本空輸(株)上席執行役員  
高橋 俊宏 (株)ディスカバー・ジャパン取締役 編集長  
高橋 道映 新潟日報社相談役  
谷 俊介 (株)クーネルワーク代表取締役  
長尾 雅信 新潟大学大学院技術経営研究科准教授  
長谷川 直哉 (株)マルト長谷川工作所代表取締役、燕三条貿易振興会会長  
藤原 詩子 (株)ニューズ・ライン「新潟Komachi」副編集長  
丸田 洋 (有)穂海農耕代表取締役  
山崎 まゆみ 温泉エッセイスト、にいがた観光特使  
渡部 智明 三井物産新潟支店長、新潟シンガポール協会会長  
 
花角 英世 新潟県知事  
 

2 懇談テーマ(予定)

(1)県内外からみた「新潟の魅力・新潟らしさ」の再構築
(2)「新潟の魅力・新潟らしさ」について県民と共有し、共感を得るための方策
(3)県外に対する「新潟の魅力・新潟らしさ」の情報発信及びPRの手法
(4)観光、物産及びU・Iターン等におけるブランドイメージの活用方策 等

3 開催日

平成31年3月下旬~4月上旬に第1回懇談会を開催予定
(※日時、会場が決まり次第、改めてお知らせします。)

本件についてのお問合せ先
 知事政策局政策課 森永、佐藤
 (直通)025-280-5734 (内線)2351
印刷用はこちら(PDF形式  183 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする