このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の集中豪雨による浄水場汚泥の保管状況の確認結果について
本文はここから

集中豪雨による浄水場汚泥の保管状況の確認結果について

2011年07月29日
○昨日から降り続いた集中豪雨を踏まえ、本日、放射性物質を含む汚泥を保管する浄水場に対し、汚泥の保管状況を確認しました。

○その結果、全ての浄水場において、飛散流出しないよう汚泥が保管されていることを確認しました。

(保管状況)
①コンクリート製のプールで汚水が流出・地下浸透しない構造(天日乾燥床)のものに入れている。
②袋に詰め、耐水性のシートで覆っている。

○なお、水道事業者に対し、引き続き厳重に汚泥を保管するよう注意喚起しました。

【概要】
(1)対象浄水場
 放射性物質を含む汚泥を保管する17浄水場全て
(2)調査方法
 聞き取り調査
報道資料(平成23年7月29日)(PDF形式  13 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする