このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の住宅宿泊事業法のページ
本文はここから

住宅宿泊事業法のページ

2018年09月21日
 民泊サービスに関する一定のルールを定めた住宅宿泊事業法が平成30年6月15日に施行されました。事前に都道府県知事へ届け出ることにより、年間180日を越えない範囲で住宅等に人を宿泊させる事業(住宅宿泊事業)を行うことができます。
 新潟県では、住宅宿泊事業の適切な運営が図られるよう、本ページで必要な情報を随時発信していきます。

新着情報

【9月21日】
○新潟県住宅宿泊事業の適正な運営の確保に関する条例(新潟県条例第22号)第6条に基づく住宅宿泊事業の届出住宅に関する公表情報を更新しました。
住宅宿泊事業の届出住宅に関する情報の公表はこちら(PDF形式  104 キロバイト)

過去のお知らせ

【6月15日】
○住宅宿泊事業の適正な運営を確保するために必要な情報や手続方法を紹介する「新潟県住宅宿泊事業の手引き」を改正しました。
※本手引書は、新潟市を除く新潟県内で住宅宿泊事業を行う場合を対象としています。
新潟県住宅宿泊事業の手引き(H30.6改正版)(PDF形式  222 キロバイト)
【4月17日】
○住宅宿泊事業を検討されている方を対象に、住宅宿泊事業法、県条例等の概要及び届出方法についての説明会を開催します。
→本説明会は終了しました。
○毎週土曜日午後5時55分から放送されている新潟県広報テレビ番組「ほっとホット新潟」(新潟テレビ21)では、平成30年5月5日(土)放送回において、民泊サービスをテーマに、住宅宿泊事業法の概要や届出方法などについて紹介する予定です。
→本放送は終了しました。

○住宅宿泊事業の実施を制限する対象となる学校についての指定を、平成30年4月13日付けで改正し、県報で告示しました。詳細は「(3)住宅宿泊事業の届出」のページでご確認ください。

(1)民泊サービスとは

(2)住宅の要件

(3)住宅宿泊事業の届出

(4)住宅宿泊事業者の責務

(5)新潟県内の住宅宿泊事業に関するお問い合わせ先

新潟県福祉保健部生活衛生課営業・水道係
 電話番号:025-280-5208
 ファクシミリ:025-284-6757
 電子メール:ngt040250@pref.niigata.lg.jp

(6)住宅宿泊事業法関係法令等

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする