このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中のミルクボランティアを募集しています
本文はここから

ミルクボランティアを募集しています

2017年04月29日
平成29年度に新たにミルクボランティアとして活動していただける方を募集いたします。

平成28年度は31名のボランティアに、合計203頭の子猫を預かっていただきました。

センターへ戻ってきた子猫の健康状態は非常に良好で、元気に新しい飼い主へ譲渡することができました。
ご協力いただき、誠にありがとうございました。

ボランティアのほとんどの方が引き続き平成29年度も活動意思を示して下さっていますが、これからの猫の繁殖時期に向けて、新たに活動していただけるボランティアを募っています。
 
  

左:ミルボラさん第1号   右:譲渡のとき

ミルクボランティア募集案内(PDF形式  211 キロバイト)

平成29年3月4日(土)に愛護センターでミルクボランティア活動報告会を開催しました。
ミルクボランティアの活動報告会を開催しました

前半部ではセンターの獣医師から

 「ミルクボランティア事業、初年度の成果」
  ○仔猫はボランティア家庭で適度な社会化がなされ、すぐに譲渡されたこと
  ○通年でセンターの仔猫の死亡率・譲渡率に顕著な改善がみられたこと

 「猫の多頭飼育者への対策」
  ○多頭飼育者からセンターに多くの猫が収容されること
  ○避妊去勢しない・安易な餌あげが招く多頭飼育崩壊の現実 

などが報告されました。 

ミルクボランティア活動報告会

後半は、ボランティア同士の交流をはかっていただく懇親会的な雰囲気の中、

「仔猫を育てるのは大変な部分もあったが、一番かわいい時期にかかわることができて、とても楽しませてもらった。次年度も継続してボランティアをしたい」

との感想には参加者皆さんが共感されている様子でした。

また、率直な意見・要望などを伺い、活発なディスカッションの場となりました。


平成28年度から、さらなる殺処分数の減少を進めるため、保護された幼弱な仔猫をご家庭で一時預かりし、譲渡に適した状態になったら県の保護施設へお返しいただくミルクボランティア事業を行っております。

1 ボランティア活動内容について

(1)預かっていただく動物について

(2)ボランティアの方にお願いすること

(3)主な応募条件(詳細は応募用紙を参照ください)

2 応募方法について

応募用紙をご記入の上、FAXまたは郵送でお願いします。
なお、応募用紙は下記からダウンロードしてください。
【応募用紙の郵送先】〒940-2035
 新潟県長岡市関原町1丁目2663-6
 新潟県動物愛護センター
 FAX:0258-21-5502
「ミルクボランティア」募集概要(PDF形式  116 キロバイト)
「ミルクボランティア」応募用紙(PDF形式  117 キロバイト)
「ミルクボランティア」募集概要(Word形式  38 キロバイト)
「ミルクボランティア」応募用紙(Word形式  24 キロバイト)
平成27年11月12日付け報道資料(PDF形式  150 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする