このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【動物愛護センター】ウサギの遺棄がありました
本文はここから

【動物愛護センター】ウサギの遺棄がありました

2019年04月18日
【今年5度目のウサギ遺棄事件発生!】
長岡市内で5度目のウサギの遺棄事件がありました。
4月18日 水道町 7匹

これまでに、合計21匹のウサギが遺棄されたことになります。

動物は命あるものです。
動物の遺棄は犯罪行為であり、許されることではありません。
絶対に捨てたりしないでください!
事態を重く見て、現在、警察が本件について捜査中です。

ペットの終生飼養は飼い主の義務です。もし何かしらの事情で飼えなくなった場合は、まずはセンターに相談してください。
決して遺棄行為をすることがないようお願いします。




--------前回までの情報---------

長岡市内でウサギの連続遺棄事件がありました。事態を重く見て、警察の許可を得ましたので情報を公開します。

1月7日 下々条 1匹
2月19日 希望ヶ丘 3匹
3月1日 土合 3匹 
4月5日 土合 7匹

計 14匹

全てのウサギは毛色が似ており、時期が近い事から、同一家庭から遺棄されたものと考えられます。
ウサギたちは、段ボールに入れられ、雨に濡れたり、箱に穴が開いてしまい、外に飛び出しているような状況でした。
発見者の方々に対しても、多大な迷惑がかかる事態となりました。
動物の遺棄は犯罪です。100万円以下の罰金が科される場合があります。
絶対に捨てないでください!

1月7日に遺棄されていた段ボールの写真です。

ウサギの遺棄

箱を開けると、発砲スチロールの中に埋もれるようにウサギがいました。
ウサギは、とてもストレスに弱い動物です。エサも無く、冬の屋外に長時間さらされたために震えていました。
このウサギは保護されてもしばらくは、食欲も無く、排泄もままならない状態でした。

飼い主募集中のウサギです。

① 19長M哺008(左)
品種:ミックス(ミニウサギ)
毛色:ブラウン系
年齢:6ヶ月程度
体重:1.295kg
性別:オス

③ 19長M哺009(右)
品種:ミックス(ミニウサギ)
毛色:ブラウン系
年齢:6ヶ月程度
体重:1.185kg
性別:オス

④ 19長M哺0010(左)
品種:ミックス(ミニウサギ)
毛色:ブラウン系
年齢:6ヶ月程度
体重:1.295kg
性別:オス

⑤ 19長M哺0011(右)
品種:ミックス(ミニウサギ)
毛色:ブラウン系
年齢:1,2才程度
体重:1.8kg
性別:メス