このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の備えよう!ペットの災害対策
本文はここから

備えよう!ペットの災害対策

2015年06月05日

~ 大切なペットとは同行避難しよう! ~

新潟県は過去に大きな災害が発生しました。大規模な災害が発生した時、家族同様に過ごしているペットを連れて避難したいと思うのは、飼い主の自然な気持ちです。
新潟県中越大震災や東日本大震災では、ペットを連れて避難できなかった飼い主さんが後悔していることも報道されました。
同行避難はペットの身の安全を守るために、最も確実な方法です。しかし、ペットと一緒に避難するためには、災害に対する普段からの備えも必要となります。

1 同行避難ができるようなペットのしつけ

これまでの災害の時に同行避難しなかった理由としては、「しつけが不十分で他の被災者の迷惑になるから」との答えが最も多くありました。
裏を返せば、きちんとしつけできていればペットと一緒に避難できたということになります。
ペットの命を守るためにも、ペットのしつけはとても重要です。

●「すわれ」「まて」「おいで」などの基本動作ができる
 災害時にあわてずペットと一緒に避難するには、人も動物も落ち着く必要があります。呼んでも飼い主の所に来ないのでは避難することはできません。

●ケージでおとなしくしていられる
 避難所やそこへ向かう道中では、動物はケージに入っていることが多くなります。素直にケージに入りおとなしく待っていられることは、他の避難者に迷惑をかけないたいめに必要なことです。

●不必要に吠えない
 避難所では落ち着かなかったり十分睡眠がとれない被災者が多いものです。そんな中で、犬が吠えていてはペットは嫌われ者になります。不必要に吠えないよう普段から訓練することは大切です。

2 避難所で暮らすための健康管理

避難所では狭い場所にたくさんの動物が集まります。それを見越した健康管理を普段からしておく必要があります。

●不妊去勢手術がしてあること
 メスが発情すればオスは落ち着いていられません。集団生活になりますので繁殖制限手術は必須条件となります。

●狂犬病やその他の病気の予防ワクチンを接種してあること
 他の動物と一緒になるわけですので、そこで病気が広がったりすることは絶対に避けなければなりません。確実に病気の予防をしておきましょう。

3 災害に備えて準備しておくこと

災害時にはペットと離ればなれになるかもしれません。たとえ同行避難できても避難所では様々な物資が不足します。ペットの命を守るために、環境省では、最低5日分のペットの食事などを持って避難することを推奨しています。

●ペットの飼育場所の安全確保と避難所の確認
 普段ペットがいる場所に危険はないでしょうか。タンスが倒れないか、周りに危険なものがないか確認しましょう。
 また、自分が避難すべき避難所を避難ルートも含め事前に確認しましょう。避難所は自治会や市町村にお問い合わせいただければ確認できます。

●ペットとはぐれても飼い主がわかるよう首輪と迷子札をつける
 ペットが迷子になりどこかで保護されたとき、すぐに飼い主がわかるよう普段から首輪と迷子札を着けて飼うようにしましょう。
 また、首輪が外れてしまった時のために、マイクロチップが入れてあればさらに安心です。

●ペット用の緊急持ち出し袋をつくる
【優先順位1】命や健康にかかわるもの
 ペットの薬、療法食、フードと水(5日分以上)、予備の首輪、リード、食器、ケージ又はキャリーケース、ガムテープ(ケージの補修など多用途)
【優先順位2】飼い主や動物の情報
 ペットの健康手帳(記載事項:飼い主の連絡先、動物の写真、ワクチン接種歴、既往症、かかりつけの動物病院名)
 これらの情報は、災害時に紛失しないよう携帯電話に記録しておくと確実です。
【優先順位3】ペット用品
 ペットシーツ、排泄物の処理用具、猫用トイレ砂、タオル、ブラシ、おもちゃ、ポリ袋と新聞紙(トイレやゴミ袋など多用途)   

新潟県での過去の災害対応

新潟県では、平成16年に中越大震災、平成19年に中越沖地震を経験し、その都度、行政、獣医師会、動物愛護協会などが協力して被災者及び共に暮らしていた動物たちの支援活動を行ってきました。
平成23年の東日本大震災でも、新潟県に動物を同行して避難してきた多くの方々のために迅速に支援を行いました。
過去の災害を知り、次の災害に備えて何をするべきか、今一度考えてみませんか。

災害への備えに役立つリンク集

  
●いつもいっしょにいたいから
環境省が作成したペット動物の災害対策パンフレットです。
絵も多くわかりやすい内容です。全8ページですので是非ダウンロードしてください。
環境省のサイトには、ペットの救護対策ガイドラインや東日本大震災における事例集も掲載されています。
 
●緊急災害の同行避難袋チェックリスト・動物の健康情報
公益社団法人日本動物福祉協会で作成した同行避難時に持っていくもののチェックリストとペットの健康情報記入用紙で、二つ折りにして使います。
災害時はペットを預けなければならない場面もありますので、スムーズに動物の情報を伝達できるよう、前もって書き込んでおきましょう。
  
●犬と一緒に避難するためのトレーニングマニュアル
南魚沼市のドッグラン「ドッグフィールドMAIKO」のホームページです。
愛犬同伴避難トレーニングというタイトルのマニュアル(全33ページ)が掲載されています。ドッグフィールドMAIKOでは、定期的に同伴避難のトレーニングを開催し、実際に逃げるために必要なことが勉強できるようになっています。
 
●災害発生時のペット同行避難訓練
ペット情報サイトbullioの「知ろう学ぼう」内に掲載されているもので、横浜市内の自治会で行われたペット同行避難訓練の様子が紹介されています。また、新潟県中越大震災を踏まえたペット防災についての講演会の様子も掲載されています。
 
●新潟県地域防災計画
災害対策基本法に基づき、県、市町村その他の防災関係機関の責務、役割等を定めたものです。
愛玩動物の保護対策の部分だけ抜粋してみました。

新潟県地域防災計画-震災対策編-「愛玩動物の保護対策」(PDF形式  99 キロバイト)
新潟県地域防災計画-風水害対策編-「愛玩動物の保護対策」(PDF形式  100 キロバイト)
 
★上記の他にも災害への備えや同行避難に役立つサイトがありましたら動物愛護センターあてご紹介ください。