このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の新潟県動物救済本部の取組
本文はここから

新潟県動物救済本部の取組

2016年04月04日

新潟県動物救済本部

新潟県では、東北地方太平洋沖地震の避難動物及びその飼育者の支援を行うため、関係団体と「新潟県動物救済本部」を平成23年3月18日に設置しました。

【事業】
(1)ペットフード等支援物資の提供
(2)相談窓口の開設
(3)避難所生活が困難な動物の一時預かり(悪癖、高齢、病気等)
(4)避難動物の健康管理支援
(5)ボランティアの受付・調整・運営
(6)上記の他、本部長が必要と認める事項

新潟県動物救済本部設置要綱(PDF形式  89 キロバイト)
新潟県動物救済本部収支管理(PDF形式  65 キロバイト)

東北地方太平洋沖地震被災動物支援活動

 新潟県では、飼い主さんとペットが離れることなく、一緒に避難所生活が送れるようお手伝いをさせていただきます。
 避難所におけるペット飼育に関する支援については、最寄りの動物愛護センター、動物保護管理センター又は保健所にご相談ください。
相談窓口一覧はこちら(PDF形式  93 キロバイト)
★平成23年8月1日から9月30日までの間は、以下の支援を実施しました。★
 1 物資の支援
  ケージなど飼育用品の無料貸与、ペットフード、猫トイレ用砂などの無料配布。
   
 2 獣医療の支援
  ペット1頭につき、5,000円を上限として診療費を助成。
  
ペット達は、飼育環境が変わること自体、大きなストレスになり、そのストレスを軽減できるのは、飼い主さんの声や温かい手だけです。

東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告

東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告①(PDF形式  450 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告②(PDF形式  472 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告③(PDF形式  1046 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告④(PDF形式  725 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑤(PDF形式  360 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑥(PDF形式  404 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑦(PDF形式  319 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑧(PDF形式  331 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑨(PDF形式  494 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑩(PDF形式  293 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑪(PDF形式  400 キロバイト)
東日本大震災新潟県動物救済本部活動報告⑫(PDF形式  461 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする