このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中の一般国道403号三条北バイパス進捗状況
本文はここから

一般国道403号三条北バイパス進捗状況

2017年05月19日

これまでの事業経緯

◇事業経緯◇
昭和59年 三条北バイパス大規模二次改築事業着手
昭和62年 三条北バイパス都市計画決定
平成元年 千代橋橋梁工事に着手
平成 6年 千代橋供用開始 延長L=0.4km
平成 9年 加茂工区供用開始 延長L=2.84km
平成28年 下条工区の一部を供用開始 延長L=0.74km

全体計画模式図(拡大版)は下記をクリックしてください

sankitaBPmap(PDF形式  476 キロバイト)

【下条工区】

下条工区は、丸潟交差点(バイパスと県道長岡栃尾巻線との交差点)から加茂市道矢立境線までの区間と加茂市道矢立境線から加茂・三条市境までの2区間からなる総延長L=1.79kmの区間です。

◇丸潟交差点から加茂市道矢立境線までの区間◇
 平成28年3月30日に供用開始しました(延長L=0.74km)。

開通式の状況

◇加茂市道矢立境線から加茂・三条市境までの区間◇
 今後は、下条川に橋を架ける工事をおこない、残りの延長L=1.05kmの早期供用を目指します。

【三条工区】

三条工区は、加茂・三条市境から布施谷川までの区間と、布施谷川から市道下谷地柳場新田線までの2区間からなる総延長L=1.98km区間です。
◇加茂・三条市境から布施谷川までの区間◇
・平成9年に用地買収が完了しました。
・サーチャージ盛土を行い軟弱地盤への対策を行っています。

・写真は吉津川上空より三条市街地を撮影したものです。
・盛土をしてから8~11年経過しています。軟弱な土の層が厚く一部で未だ沈下が収束していません。

サーチャージ盛土状況

◇布施谷川から市道下谷地柳場新田線までの区間◇
・平成26年度に用地買収が完了しました。
・遺跡の試掘調査の結果、概ね市道下谷地柳場新田線から西川の間に平安時代のものと思われる柱、井戸、溝の跡が確認されました。
 そのため、平成27年度から遺跡の本調査を行っています。

・平成27年度から遺跡調査が完了したところの盛土工事を始めました。
・地盤が軟弱であるため、サーチャージ工法(盛土)にて軟弱地盤対策を行います。
 盛土後、地盤が落ち着くまでに期間を要するので、観測を続け、地盤が落ち着いたことを確認した後、道路の工事に入ります。

盛土をしています

【塚野目工区】

塚野目工区は、市道下谷地柳場新田線から県道塚野目代官島線までの延長L=1.2kmの区間です。
 平成28年度に県道塚野目代官島線までのバイパスの詳細設計が完了しました。