このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の大谷ダム
本文はここから

大谷ダム

2017年06月08日
三条地域振興局の中の地域整備部の中の大谷ダム
布倉大橋から湖面を望む

お知らせ

大谷ダムの情報

大谷ダムからのお願い

 ダムの計画を上回る洪水の流入により、貯水位がサーチャージ水位を超えて非常用洪水吐きから越流する場合は下流に設けた警報局から「サイレン警報」を行います。

大谷ダムの概要

 大谷ダムは、五十嵐川の三条市(旧下田村)大谷、笠堀に多目的ダムとして建設され、平成5年に完成しました。
 ダムは中央しゃ水壁型ロックフィルダムで、高さ75.5メートル、総貯水容量21,100,000立方メートル、有効貯水容量17,050,000立方メートル、洪水調節と流水の正常な機能の維持、上水道用水の確保を目的としています。

大谷ダム全景

大谷ダムの洪水調節のしくみ

貯水池容量配分図

ひめさゆり湖

 ダム湖はひめさゆり湖と命名され、ダム湖周辺には公園が整備されています。せせらぎ広場では水と親しむことができます。

ひめさゆり湖

ふれあい資料館

 ふれあい資料館はダムの働きや仕組み、ダム建設地である大江・大谷集落の歴史や当時の暮らし、周辺の自然などを紹介している施設です。
平成16年及び平成23年の水害でダムの果たした役割などのパネル展示やダムの模型、映像があります。
・見学は事前予約制となります。
・原則として5名以上のご利用で見学日時は4月中旬頃~12月上旬頃の平日9:30~16:00とさせていただきます。
・入館料は無料です。

ふれあい資料館

位置図(流域図)

三条地域振興局地域整備部管内のほかのダム

 笠堀ダム | 下条川ダム